野山の散策

owxy.exblog.jp ブログトップ

(8)「美人美人」のTOPページです。「美と美」「美を求めて」「美人を求めて」

(8)美と美のTOPページです。

・”美”「美を求めて」「美人を求めて」「美と美」「美と美と美」「美人美」「美人美人」「自然を求めて」「紅葉求めて」「アルプスを求めて」「富士山求めて」「屋久島求めて」「美人と美人」「美人美人美人」「美と美と美と美と美」「行場を求めて」「美よがと美」「自然の美と美」「笑顔を求めて」「美と美と自然」
canon 1DX+EF70~200mmF2.8LIS2USM使用。

・美

f0033831_2032323.jpg
1DXMKⅡ+EF70ー200mmF2.8LIS2USM
f0033831_07053047.jpg
f0033831_19071424.jpg

f0033831_20301647.jpg


f0033831_18562745.jpg
f0033831_18344201.jpg

///canon 1DX+EF70-200mmF2.8LIS2USM使用

f0033831_203739.jpg

f0033831_1931729.jpg

f0033831_4335832.jpg

f0033831_12352044.jpg


f0033831_18183927.jpg

f0033831_18531424.jpg
f0033831_18451225.jpg
・D800E使用
f0033831_7253127.jpg


f0033831_2111044.jpg


f0033831_18523545.jpg



f0033831_7551849.jpg



f0033831_84319.jpg



f0033831_20305239.jpg


5DMRⅡ+EF70~200mmF2.8LISⅡUSM使用。
f0033831_8163860.jpg


f0033831_1837168.jpg


・NikonD800E
f0033831_2174296.jpg


・5DMRⅡ+70~200mmF2.8LISⅡUSM使用。
f0033831_12212727.jpg


・canon1DX+EF70~200mmF2.8LISⅡUSM使用。
f0033831_1874777.jpg



f0033831_19523793.jpg


f0033831_13381536.jpg


f0033831_20161479.jpg


f0033831_712842.jpg


f0033831_6454117.jpg


f0033831_18471131.jpg



f0033831_187120.jpg



f0033831_1953559.jpg



f0033831_18515144.jpg



f0033831_2152497.jpg



f0033831_7433422.jpg



f0033831_5532577.jpg



f0033831_18545177.jpg



f0033831_21552067.jpg


canon 1DX+EF70~200mmF2.8LISⅡUSM使用。
f0033831_2261732.jpg



・ S-KEY-A    I Know.../ Gift :
f0033831_6144818.jpg



f0033831_2015568.jpg



f0033831_21431026.jpg


f0033831_12484980.jpg


f0033831_18205321.jpg


f0033831_184877.jpg


f0033831_15593075.jpg



f0033831_6452983.jpg

<BR>

f0033831_15494236.jpg


f0033831_1550729.jpg


f0033831_15504412.jpg


・「美よがと美」「よがと美」「自然とよが」
f0033831_20322361.jpg


f0033831_1952526.jpg



f0033831_1942396.jpg


f0033831_5332244.jpg


f0033831_6282560.jpg


f0033831_09333025.jpg



f0033831_7584843.jpg
f0033831_20340020.jpg
f0033831_06540056.jpg
f0033831_06012424.jpg
f0033831_06052434.jpg
f0033831_19450269.jpg
f0033831_20033308.jpg
f0033831_05465655.jpg

f0033831_20345070.jpg


f0033831_612896.jpg



f0033831_5534321.jpg



f0033831_603223.jpg



f0033831_5595136.jpg



f0033831_804870.jpg



f0033831_15471213.jpg


f0033831_15501448.jpg



f0033831_19585814.jpg


f0033831_720504.jpg


f0033831_715496.jpg



f0033831_19594236.jpg



f0033831_15573321.jpg


ト-タルコ-ディネ-トされて素敵でしょう。
この「美と美」の他に、googleには「美人美人」「美と美と美と美と美」「よがと美」「自然美人」「美美人」「美人美」「美人と美人」「美人美人美」「美人美人美人」「美人美人美人美人美人美人美」「自然の美人」「美をもとめて(美と美)」「自然の美人と美人」「自然と行場」「美と美と自然」「自然の美をもとめて」「美人美人もとめて」「自然のヨガ」「自然と紅葉」「美人を求めて」「行場をもとめて」「自然の美と美」「行場行場行場」「野山の散策」「自然美人もとめて」「屋久島散策散策」「前穂高岳求めて」「自然と美をもとめて」「自然をもとめて」「究極のヨガ」「アルプスを散策」「自然行場」「富士山求めて」「自然の美をもとめて」「行場散策」「美」「自然と美もとめて」「奥穂高岳散策」「アルプス求めて」「行場を散策」「自然ヨガ」「前アルプス求めて」「屋久島を求めて」「自然もとめて」「自然と美人美人美人」「紅葉を求めて散策」「自然の美人をもとめて」「自然行場」「自然と美人と美人美人」「自然の行場」「自然と美と美人美人」「前アルプス散策」「富士山散策散策」「行場と行場」「美人美求めて」「行場行場」「自然と美人をもとめて」「行場行場」「美人美人美をもとめて」「槍ヶ岳散策」「涸沢を散策」「自然美人と美人美人」「美wo求めて」美を求めて(美人美)」「自然と美と美人」「北アルプスを散策」「自然美人と美人」「自然の美人と美」「自然と美と美」「自然と美人」「ヨガを求めて」「前穂高北尾根散策」「美人美人美をもとめて」「美人美美人美」「ジャンダルムを求めて」「美人美人美人美」「行場の行場」「自然を散策」「美と美と自然」「究極の自然の美もとめて」「美もとめて」「自然とヨガ」「自然の紅葉を求めて」「自然の紅葉」「行場」「行場 行場行場」「美人美人美人美人美」「美人と美人と美人美」「自然の美人と美人美人」「究極の自然よがを求めて散策」,2p「」「」「屋久島の温泉」のページの他に150件以上掲載されています。
・このサイトに協力して頂いている方々の肖像権保護の為、関係者以外のコピー及び複製を禁じます。
北アルプス穂高連邦の壮大な自然の写真はカテゴリの(3)「アルプスを求めて」、(2)「自然を求めて」をクリックして御覧下さい。

カテゴリの(8)「美と美」をクリックして下さい。

# by o-wxy | 2018-12-31 23:57 | (8)美・美人美人・美と美と美と美と美 | Comments(0)

”美”もとめて、私のー言「美と美と美と美と美」

美と美
f0033831_19133672.jpg


・・眉毛に付いて、私のー言  瞳を輝かせるには、眉毛の存在が大切です。
この人形の瞳を輝かせるには、眉毛がアクセントになっていますね。
若い女性方もあまり眉毛を薄くせず、この人形の眉毛の巾及び長さ、濃さ、色合い等見習ったらいかがでしょうか。そうすれば、もっと生き生きとした顔に変身する人がいます。近くで鏡を見ていると眉毛の何処が変だか分からないですが、写真を撮って間接的に自分の顔の眉毛を見れば良く分かります。(眉毛の短い方は正面から見ているとそんなにおかしいと思わないですが、少し横向きになって見ると変なのがよく分かります)。また、このブログに掲載している美人の殆どの方の眉毛はあまりさわらず、自然の眉毛が多いです。
・・服装についてですが、人形が細いので外側の着物を膨張色のライトピンクで、反対に内側の着物はダークレッドを使用して引き締めています。レッドを使用したことで顔の表情も明るく、また引き締まりますね。
・・色彩について
例が悪いですが、食料品売り場のみかんの袋が黒、紫色だったら誰もそのみかんを買いません。
あれは橙色のメッシュ袋に入っているからか買います。あの橙色の袋はみかんの色を鮮やかに、また新鮮に見せる働きもあります。 服装についても同じ事がいえます。この人形を作られた人形師さんは、調和の取れた人形に仕上げる美的センスをお持ちです。
・・冷え性についての原因及び改善方法
なぜ冷え性がおこるのでしよう。それは運動不足、食生活の偏り及び栄養不足、自分の体温より冷たい物を好んで食べています。日常生活のアンバランスから起こるのでしょうか。 今まで私が調べた結果、冷え性の人程入浴時の湯の温度が高いことが分かりました。冷え性の人程湯の温度に鈍感になるらしく、高い湯温を好むようになります。最も高い湯温に入っている人は48℃でした。大変危険です。高い湯温を好む人は身体の油分も少なくなり、肌もかさかさになります。また、高い湯温で頭の髪を洗うため髪もパサパサになり、髪のつやも失われます。(予断ですが、油分は肌の保湿のためにあるので、石鹸で必要以上に油分を落とすと肌が乾燥し、角質が壊れて(肌荒れ)老人の肌のようになります。肌荒れを隠すために厚化粧となり、毛穴も詰まり皮膚呼吸もできず、また、クレンジングクリームで厚化粧を落とすために肌も荒れます。(悪循環ん)。赤ちゃんは入浴時、温ま湯で石鹸も使わないので保湿されていて肌もスベスベです。)冷え症が改善されると、血液の循環も良くなり、また臓器の働きも改善されて体温も上がり健康身体になります。(冷え性症に成ると、代謝機能が弱くなります。
・冷え性の人はやせている人、運動嫌いの人に多いですね
(1)食生活での原因として 日常の食生活において下記の事が考えられます。
・寒いかっこうで過ごす。 ・生野菜をよく食べる。トマト、キュウリ,茄子etc(身体を冷やす)
・南方地方で取れる果物をよく食べる。(南方地方では、身体を冷やすのに良いが)
・白い物をよく食べる。(乳製品、ヨーグルト等は身体を冷やす)
・冬場濃い緑茶をよく飲む。病気の時の熱さましには良いが(利尿作用の為)
(2)改善方法として
・出来るだけ根菜類(ニラ、玉ネギ、ニンニク、ゴボウ、生姜、レンコン、ヤマイモ、ニンジン等) 黒豆、ゴマ、リンゴをよく摂り冷たいものはなるべく控える。もし食べるときは自分の体温程度に暖めてから食べると消化も改善されます。玉ネギ、ゴボーを水にさらすと栄養分が失われます。さらすのであれば水は、別の料理に使ってください。 椎茸の芯も捨てずに、指で縦に裂いて使用してこださい。(スルメを裂くように)また、キャベツ等の野菜の芯も山小屋ではマッチの軸のように刻みゴボウのようにあえ、ゴマなどを加えて食べています。 捨てる所もありませんし、ミネラルも多く、調理の工夫しだいで美味しくたべられます。 私も実践しています。椎茸は茎の太くて白いものが美味しいです。
・トマト、ヨーグルト等も温めてから食べましょう。(自分の体温程度に)
・緑茶の代わりに温かいウロン茶、紅茶に生姜を入れて飲みましょう。
・硬い食べ物をよくかんで食べる。(柔らかい食べ物はなるべくひかえる。)
・野菜類、ス-プ類、肉魚類、ご飯の順番に食べましょう。(糖質を最後に食べると血統値の上昇を和らげるので太りにくい。) ・食事の偏りを防止するため、肉、魚などローテイションを組み、食材の偏りの無いように心掛けましょう。 最近話題の管理栄養士が書いた、○○食堂の本などが早道です。
(4)日常生活における改善方法 
・体温も身体の部分により異なります。体温は心臓からとうざかるに従い低くなります。即ち右足が一番低くなります。 血液は下半身で冷やされ、低くなった血液がまた心臓に戻って来るので、下半身を暖めなければ体全体の体温も中々上がりません。また、薄着をすると、体温を上げる為にカロリーが必要とになります。それなのに食事制限をすると余計に冷え症になります。 ・冬場でもタンパン姿の人を見かけます。例が悪いですが、保温釜の蓋の開いた状態の人がタンパン姿で,ズボン姿の人が保温釜の閉まった状態と考えた場合、蓋の開いたタンパン姿の人は常に熱を失っていますので中々温まらず、温まってもすぐ冷えます。冷えるぶんだけ保温されているズボン姿の人より余計にカロリーを摂取せねばなりません。それをしないから余計に冷えた身体になっています。保温された状態のズボン姿の人は少ないカロリーでもタンパン姿の人より暖かいです。(冬場は特に、マフラー、手袋、マスク、ロングコート等で身体を温めましょう。)
・・スポーツ選手及び肉体労働者(鳶職)は年中薄着をしています。あの方達は常に体全身を使って身体を動かしているので、身体全体で発熱されています。だから基礎体温も高く、あの薄着姿でも寒くはありません。・・改善として ・運動をして身体の発熱に必要な筋肉をつけましょう。
・さらさらな血液になるように心掛けましょう。(食生活で)
・年を取るに従い体の水分量も低下し、低下した分だけしわとなって表れます。
・今自分の体の水摂取量の目安は運動の後、薬の摂取等を別にして、黄色の小便でなく、水に 近い程良いです。 ・2Lの水を飲 めない方は、鍋物の食事で補いましょう。 ・夜更かしを無くし、規則正しい生活をしましょう。・好き嫌いを無くし、バランスの良い食事をしましょう。 ・運動の後、30分以内に食事を摂りましょう。・冬場食事は寝る3時間前にとり、シャワでなく、寝る前にお風呂(湯温39℃程度で風呂蓋を首まで覆う)に長く入りましょう。(冬場は暖かい身体で布団にいるので、冷えた布団に身体の熱がうばわれて適温となり、コタツも要りません。)夏場は逆に風呂に入ったの後、食事をしまう。
・・洗髪に付いてー言 ・下界の人は毎日裕福に使いたいだけお湯を使い、使いたいだけドライヤで髪を乾燥していす。普通の人は最初に髪を洗ってから湯船につかるので、放置した時間だけ髪は水分を吸収し、髪も若干太くなります。      つづく

# by o-wxy | 2018-12-31 23:56 | (8)美・美人美人・美と美と美と美と美 | Comments(0)

”美”私のー言「美と美」「美と美と美と美と美」「自然の美と美」

つづき ○ 返信;お盆の山小屋は殆ど布団1枚に3人海老寝を覚悟してください。
標高の高い山小屋で働く彼女達は限られた日に、限られた時間に、限られたお湯で洗髪せねばなりません。それも週に2日程度の入浴しかできません。(貴重な水なので一般客は入浴できません。また山を汚すから洗剤も禁止です。)でも彼女達の髪の毛は下界の人程痛んでいません。それは入浴時間が限られているので洗髪時間も短く、素早くタオルで水分を取り、自然乾燥するからだと思います。即ち、下界の人もお風呂から上がる直前にぬるま湯で洗髪するのが理想的だと思います。
また、髪の痛んでいる人は洗いすぎ、高い温度で洗髪したり、高い温度で乾燥しすぎてキュウテクルが剥がれ落ちて細くなり、光沢も失われています。(特に毛先を見ればよく分かります)
・・鼻水について私のー言 
・風をひいて鼻水が出る方は鼻をかんだ後、「イソジンうがい薬」を綿棒に十分に染み込ませて、鼻の奥まで入れてやると、一瞬に鼻の通りが改善されます。お試し下さい(成人に限ります)
・・筋肉について
・痩せた方が筋肉を付けようと思って運動しても殆んど付きません。一度体に脂肪を付けて下さい。典型的な例ですが、ボディービルダの方は筋肉を付ける為に一度脂肪を付けます。試合の3ヶ月程前からウエイトトレーニングを行って脂肪を絞り、あの引き締まった体に仕上げています。
・・過度のダイエットによる身体への影響について
・マスコミで今流行のダイエット品(薬、サプリメント,)は多少の体重の抑制には良いかもしれませんが、過度に使用すると思わぬところに弊害を起こします。本人の知らぬままに弊害(薬害)で肝臓機能障害、腎臓障害を起こし、後々身体に異常を来たします。 私の知人の女性も高額なサプリメントを服用して少しは痩せましたが、徐々に顔にむくみが出てきて体調不良(本人の自覚症状無し)でサプリメントの服用をやめました。
・同窓会に出席した時に、あの人若い時は綺麗やったけれどと言われるか、いっまで経っても綺麗やねと言われるかどちらがいいですか。 言われてから気が付いて本を読むより、今からやった方が後々後悔しなくて良いですね。 また、最近の若い女性に増えてきた事に、こけて骨折する骨粗鬆症があげられます。昔は老人の女性のみであったのですが、これもダイエットが要因ですね。
若い女性には、将来子供が欲しい時に、妊娠ができなくなったり、生まれても奇形児が誕生する確立も高くなります。また、閉経も早まり早く老けるなどの弊害が考えられます。
・・肥満について
・人間は本来生活して行くうえで、文化の発達していない貧しい発展途上国の人は肥満などありえませんね。それに反して文明国の人はどうでしょうか、かなり肥満の体系をした人が多いですよね。
文明が発達すると電化製品が生活の中に巾をきかせ、機械が人間の変わりに身の回りをします。生活する上で、何かにつけてボタン1つで済ませ、体を動かすきかいもずいぶん減りましたね。・これがそもそも肥満の根源です。
鈍った身体(スマホーとかパソコンの使用で)は誰も面倒みてくれません、少しずつ身体を動かしてみませんか、一番良いのは近くにある階段を2、3段毎に上がるのが良いみたいです。ダイエットでは得られない、足首は細くなりヒップもそれなりに引き締まってきます。その次は野山の杉、檜林に身を委ねてみませんか。また森林欲は空気もきれいで、山や渓谷など移り変わる景色を見ているだけで何とも良いさわやかな気分になりますし、リラクゼーションもできます。
何よりも薬に依存しなくなり、贅肉も少なくなり、引き締まった健康体になります。
・・食事について
・骨を作るからと言って幾らカルシュムだけ摂取しても骨になりません。そこには、ビタミンDが必要になります。ビタミンDとカルシュウムが結合して初めて骨が形成されます。また、どちらの食べ物がカロリーが少ない食べ物か比べるより、どちらの食べ物が栄養バランスが取れて健康な食事か考えるほうが体の為になります。偏った食生活(食材の組み合わせが悪い)は食べる量が少なくても太ります。量が多少多くてもバランスの摂れた食事をしているほうが太りません。 主食を幾ら減らしても、間食すると何もなりません。
・カロリーを気にするより、足りない栄養素(栄養不足)を補うほうが太りません。
・偏食を避け、常に暖かい食べ物を食べ、身体を冷やさないように心掛けましょう。
・簡単な(例)として、自分が50Lで37℃の湯とした場合に、1Lの5℃の食べ物と、1Lの50℃の食べ物を食べるとどちらが身体の体温を上げ、下げするか考えれば分かると思います。
・血統値が上がりインスリンが分泌されると脂肪より糖質を優先的にエネルギーとして消費するで、脂肪は落ちません。脂肪を減らすには、糖質をなるべく減らす。糖質を摂取しないと肝臓が自然にアミノ酸などからブドウ糖を作りだしますし、糖質の代わりに脂肪がエネルギーとして消費されます。
また、高タンパクの卵2個と週4日の鳥、肉類,魚は1日に必要なエネルギーを補充するために不可欠です。糖質を制限しているために、肉・鳥肉、魚を食べている間も体は脂肪を燃焼しているので太りません。 ・シンクロナイズスイミングをやっている女子のオリンピック選手のカロリ-摂取量は一日6食で、6000カロリー程度摂取しています。あの均整の取れた身体で、無駄な脂肪は付いていません。(オリンピック選手は6000カロリ-を消費するだけの運動量が必要となります。)
・・髪の毛に良いとされているめかぶに付いて
・めかぶを摂取しすぎると、甲状腺が腫れて声がでずらくなります。それは、めかぶに含まれているヨードが原因です。これを摂取しすぎると、甲状腺癌になる事があります。ものは程ほどが大切ですね。
・・肉食について一言
・肉食は得てして太ると思われがちですが、自然に生息する野生の動物の中に肉しか食べない,  例えばチータ、ヒョウ等は太っていません。 人間が太るのは人工的に品種改良された脂肪ののった霜降りの肉を好んで食べるから太るのであって、チータ、ヒヨウ等が好んで食べる草食動物は脂肪がそんなに付いていないので、チータ、ヒョウ等が食べても太っていません。 地上最速で狩をするチータのスピードは時速j約117kmにもなります。また、常に動いているので太らないのでしょう。
ファーストフードのハンバーグ等を控えて、脂肪の少ない赤身の肉を食べてください。
・ほうれん草、小松菜,ブロッコリなど。 生野菜ばかり摂取すると体を冷ます。   冬場は水炊き、ちやんこ鍋等の身体を温める食べ物が理想ですね)
・生野菜は50℃の湯に1分間程度漬けて洗うとシャキットします。この状態で食べると身体をひやしません。貝の場合はしばらく暗くして漬けておいてください。 頭を良く使う方は頭の働きを良くする、スイーツを食べてから勉強するといいですよ。
・山などに行かれる場合は、反対に糖質を主に考えないとエネルギ不足になりだめです。
・できるだけ小麦類など太る食材を控え、蕎麦(ビタミン、ミネラル、植物繊維が多い)など食べても太りにくい食材が良いです。また、鰹・干し椎茸の出汁に大根おろしを添えて食べるとバランス的になお良いですね。
(うどん専門店の店長と蕎麦専門店の店長のどちらがスマートか見れば納得できるでしょう。)
・・健康管理で一番重要な事は日頃の体重の管理でなく、定期的に血液検査を行い、値が正常範囲内なのか、またそうでないのかを確認し、何か値の悪い所が見つかれば早期に対処するのが先決ですね。 理想の体重の計算方法は下記の通りです。参考にして下さい。
(例)160cmの人は、1.6×1.6×22(係数)=56.32kgが理想の体重です
・体重が同じでスポーツをしている人とそうでない人を比較した場合、スポーツをしている人のほうが細く見えます。 それは筋肉の質量のほうが脂肪の質量よりも大きいからです。
・スポーツをしだしたのに体重があまり変わらないと言っている方がたまにいますが、体型は変わっているはずです。 ・・・体の外面ばっかり気にせず、体の内面の健康状態に気を付けて下さいね。     ”健康体の美人の肌と瞳は輝ています。”
topページはサイドバのカテゴリ(8)の「美と美」をクリックして下さい。
# by o-wxy | 2018-12-31 23:55 | (8)美・美人美人・美と美と美と美と美 | Comments(0)

"美"求めて、「美と美」「美を求めて」「自然の美と美」「美と美と美と美と美」

”美”求めて「美人を求めて」 「美と美」「美と美と美と美と美」「行場行場」
「自然の美と美」「美よがと美」「よがと美」「美人と美と自然」「美人美人」「美人と美人」「微笑みを求めて」「紅葉を求めて」
「美人美美人美人美人美人美人美人美人美人美人美人美人美人美人美人美美人美」
f0033831_19024939.jpg
f0033831_20014751.jpg
f0033831_14381673.jpg
f0033831_06391898.gif
f0033831_19461976.jpg
f0033831_19052914.jpg
f0033831_07121869.jpg

f0033831_18421243.jpg

f0033831_09240010.jpg
f0033831_18510628.jpg
f0033831_08342880.jpg
f0033831_07252026.jpg
f0033831_20215220.jpg
f0033831_19412475.jpg

f0033831_13031566.jpg

f0033831_08355156.jpg
001


f0033831_171034.jpg

f0033831_20411897.jpg


f0033831_21135546.jpg



f0033831_1629595.jpg



f0033831_184548100.jpg


canon 1DX+EF70~200mmF2.8LISⅡUSM使用。
f0033831_1842233.jpg



f0033831_4305244.jpg



f0033831_75245.jpg



f0033831_21503375.jpg



f0033831_7273235.jpg



f0033831_17104968.jpg



f0033831_202345100.jpg



f0033831_7284265.jpg



f0033831_1853996.jpg



f0033831_74739100.jpg



f0033831_5541723.jpg



f0033831_21243114.jpg



f0033831_173343.jpg



5DMKⅡ使用
f0033831_510532.jpg



f0033831_14475528.jpg



f0033831_20342770.jpg



D800E使用
f0033831_16492614.jpg



f0033831_732520.jpg


5DMKⅡ使用
f0033831_5395139.jpg



f0033831_21244677.jpg



f0033831_18573736.jpg



f0033831_1720539.jpg



f0033831_21253160.jpg



f0033831_14585692.jpg


・他はカテゴリ(2)「自然をもとめて」の法然院内に掲載しています。
f0033831_19541171.jpg



f0033831_7372822.jpg



f0033831_682283.jpg



f0033831_611153.jpg



f0033831_1815293.jpg



f0033831_19234533.jpg



f0033831_6341348.jpg



f0033831_6533938.jpg



f0033831_565090.jpg



f0033831_9155097.jpg



f0033831_1893821.jpg



f0033831_7363368.jpg



f0033831_17181195.jpg



「美よがと美」「よがと美」「自然とよが」に掲載しています。
f0033831_20232575.jpg



f0033831_21583719.jpg



f0033831_2113233.jpg



f0033831_21421397.jpg



f0033831_1061479.jpg



f0033831_1753628.jpg



f0033831_2195428.jpg



f0033831_8591264.jpg



topページはカテゴリの(8)「美と美」をクリックして下さい。

# by o-wxy | 2018-12-31 23:54 | (8)美・美人美人・美と美と美と美と美 | Comments(0)

"美"「美と美」横柄及び色彩に付いて、私の-言

美と美


この女性の様に、全体に細身及び標準の体系の女性が横柄を着るとお似合いなんですが、体系の大きい女性、小太りの女性が着ると余計に横に強調されるので着ないほうが無難ですよ。
(目の錯覚で縦柄は細く見えますが、反対に横柄は実際より太く見えて損をします。)

また、色彩に付いても同じ事が言えます。
色彩に付いてもダークな寒色系は光を反射し難いので細く見えますが、反対にライトな暖色系は光を良く反射するので太く見えます。

少し太った女性がもし暖色系の服を着合わせする場合は、胸元に暖色系を外側に着る服は寒色系の色を合わせると胸元の暖色系がアクセントとなり引き締まります。
f0033831_18382344.jpg

顔も服のセンスも良く、なかなか決まってますでしょう。

使用カメラcanon EOS5DMark2 レンズcanonEF70~200mm F2.8L IS2 USM使用

TOPページはPCサイドバー右上のカテゴリの8)「美と美」をクリックしてください。
# by o-wxy | 2018-12-31 23:46 | (8)美・美人美人・美と美と美と美と美 | Comments(0)

・”美”本物の芸妓さんどすえ 「 舞子を求めて」「美と美」「美と美と美と美と美」

美と美「美と美と美と美と美」「自然の美と美」 「自然とよが」「自然と紅葉」

・本物の芸舞妓さん
f0033831_06053754.jpg
f0033831_06062991.jpg
f0033831_07582188.jpg
f0033831_06251372.jpg
f0033831_06245027.jpg
f0033831_06243659.jpg
f0033831_7294089.jpg

f0033831_730306.jpg

f0033831_731195.jpg

f0033831_7312979.jpg

f0033831_515429.jpg


f0033831_16241591.jpg


f0033831_5175758.jpg


f0033831_5171062.jpg


D800E
f0033831_851567.jpg



・・私のドレッシングレシピです
このドレッシングは主に野菜ですが、他に焼肉のタレ、焼き魚に使用します。
(1)準備する物
 蓋付きの2Lの透明な容器、小さな容器、スリ金、ボール、包丁、ジョウゴ。

(2)材料
・ グレープシードオイル(注)・・・・・・・・1本
・ 市販の柚子ポンズ・・・・・・・・・・・・・1~2本
・ 大きめの玉葱・・・・・・・・・・・・・・・3個(小4個)
・ 人参中・・・・・・・・・・・・・・・・・・1本
・ 柚子・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
・ 大葉・ ・・・・・・・・・・・・・・・・1~2枚

(3)作り方
 最初ボールに皮を剥いた玉葱をスリ金ですります。途中で大葉を玉葱に挟んですります。
 次に、人参もすり、最後に柚子を半分に切り手で絞ります。
 2L容器に玉葱他を全て入れます、その玉葱他と同じ量の柚子ポンズを入れます。
  最後にグレープシードオイルを全体の1割加えます。
  入れ終わった容器のオイルが均等に混ざるまで適当にシェイクしてください。
  出来上がりのドレッシングを空になった容器にジョウゴを使用して8割入れてください。出来上がりを1日、2日熟成後使用してください。(注)このオイルはブドウの種から製造されています。他のオイルより癖も無く使用できます。大きいなスーパで取扱いしています。
・個人の好みで柚子ポンズのメーカ及び配合も変わりますが、これが標準と考えてください。また、グレープシードオイルの量も好みで調整してください。
・サラダを食べる時たいていの方は玉葱を水にさらしてから食べますが、それでは血液サラサラ成分も失われます。このドレッシングにすれば玉葱、人参嫌いの方も何の抵抗もなく食べられます。
・小瓶に移すと日持ちしますが、味が変わるので2週間を目処としてください。数本出来るので自分好みの食材を加えてみてください。
・焼肉などのに使用する場合は、ニンニク、梅、胡麻の入れたのもいいですね。

注)ミキサー、ジュサーなどを使用するとビタミン及び繊維質が損なわれます。
また、ジュサーを使用して後で容器の繊維質を加えると味が悪くなります。

・このドレッシング及びヨーグルトについて
このドレッシング及びヨーグルトはあえてザラザラした食感(植物繊維)です。このザラザラした植物繊維が腸内の環境を整えてくれ、徐々に腸及び肌の状態を改善してくれてます。

・フルーツヨグルトは{2014-12-12:10}に掲載しています。

topページはサイドバのカテゴリ(8)の「美と美」をクリックして下さい。

・本人以外は複製を禁じます。
# by o-wxy | 2018-12-31 22:31 | (8)美・美人美人・美と美と美と美と美 | Comments(0)

美、美脚を求めて「美と美」「美と美と美と美と美」「美人美人」「自然の美と美」

美、美脚求めて「美と美」「美と美と美と美と美」「美人美人」「美人美人美」「自然の美と美」「自然とよが」「自然と紅葉」「自然をもとめて」「富士山求めて」「アルプス求めて」その他

「美」求めて(美脚を求めて)
f0033831_04354898.jpg
f0033831_04362934.jpg
f0033831_04364719.jpg
f0033831_04370681.jpg
f0033831_04372852.jpg
f0033831_04374779.jpg
f0033831_04393169.jpg
f0033831_04395763.jpg
f0033831_04401718.jpg
f0033831_04403631.jpg
f0033831_04405624.jpg
f0033831_04411781.jpg
f0033831_04413508.jpg
f0033831_04420440.jpg
f0033831_04422214.jpg
f0033831_04424119.jpg
f0033831_04430378.jpg
f0033831_04432554.jpg
f0033831_04435828.jpg
f0033831_04441905.jpg
f0033831_04443437.jpg
f0033831_04444909.jpg
f0033831_04451184.jpg
f0033831_04453155.jpg
f0033831_209048.jpg


・人は生活するうえで、一日無意識にいろんな動作をしています。

例えば、その一つが椅子に座った時に足(脚)を組む動作です。
何のたわいも無い動作です。電車のシートに座った時、デスクワークで座った時等いろんな時に足を組んでおられます。

何故だと思いますか、一つは見栄えでしょうか、もう一つは高いヒール等の場合、足が疲れるから組んでいる方が楽だからでしょうか。 ミニスカートや短パンの人は脚を組んでいるほうが温かいからでしょうか。

いずれにせよ、この何の気なしに足を組んでいると知らず知らずの間に足(脚)が歪みで変形したり、骨盤や脊椎が歪んできます。

最初の頃は、左右の足(脚)を交互に組んでいたでしょうが、ある時より左だけになったり、右だけになったりと片方の足のみ組みだします。そのほうが楽だからだと思います。

実はこれが足(脚)の変形の始まりなんです。

よく足を組んでいる方の歩く後ろ姿を観察して見てください、脚部及び足もとが変形しているために変な歩き方をされています。腰の位置が安定せず、左右に腰を振って歩いている感じです。

・・確かめる方法
・自分で確かめる方法は、履き慣れた靴のかがとの減り具合が左右で違う場合は確実に歪んでいます。

・他人に確かめてもらう方法は、目隠しして自分の歩く後ろ姿を見てもらう方法です。
ひどくなると片側の脚及び足元が変形している為にまっすぐに歩行できず、片側に寄った歩行となります。
また、自転車に乗っている場合、片側は正常でもう片側の脚がくの字になっています。

・・特に、かがとが高く、柔らかで、片減りした靴を長く履いていると変形・ひずみがひどくなります。
このなんのきなしに足(脚)を組む動作が序所に骨盤の歪み、脊髄の歪み、脚部の歪みで将来ギックリ腰になります。(将来整形外科のお世話になります)

この歪みはその人の足(脚)を組んでいた頻度や持続時間により変ります。
f0033831_05462676.jpg

・・・改善策
足を組まないのが一番です。

靴のかがとが片減りしているので、市販の靴のかがとの補修材を接着剤と釘でリペアしてください。

次に意識して足が平行になるように歩きます。(最初、足(脚)が変形している為歩きずらい。)
ハイヒールを履いて靴のかがとが片減りしている人はできるだけスニカが良いですね。

近年日本人の伸長が高くなりました。 特に足の長さが長くなりました。これは正座の生活から欧米の椅子の生活に変わったからですね。正座は足への血流が悪いから足が痺れるが、椅子の生活は足への血流が改善されたから足が伸びた。

膝の綺麗な人はあまり正座をしていません。
膝下の部分を見ればわかります。(正座を頻繁にすると膝下の部分が像の皮膚みたいに厚くなります。)

また、食生活の欧米化も関係しています。(野菜、穀物主体の生活から消化の良い肉類を多く摂取することにより、腸の長さが短くなった。即ち胴が短くなった。)

昔からよく言われるように姿勢が悪いといろんな所に弊害をきたします。

美脚は足を組まないことですね。


・猫背について一言

猫背の場合は大抵食事時に足を組んでいることが多く、また机に肘を突いて食事をしたり、スマホを操作しています。

このような背骨が曲がった姿勢を継続すると、背中が曲がり顎が出たような格好になります。

太った人より細い体型の人の方が多いですね。それは、太った体型の人は脂肪が多くじゃまして足を組めない為でしょうね。

何れにせよ他人から見ていると格好の良い姿ではないです。

このような姿勢の悪い人は頭(4~5kg程度)を支える背骨の腹筋も背筋も弱り余計に背骨が曲がってきます。

正しい姿勢に心掛けしましょう。

             カワセミを求めて
f0033831_19360812.jpg
f0033831_19394231.jpg
カワセミの見事な反転 貴重な写真です。 題名「カワセミの舞」
f0033831_19382701.jpg
f0033831_06161855.jpg
f0033831_19385337.jpg
f0033831_19395365.jpg
f0033831_05363185.jpg
f0033831_05374537.jpg
f0033831_20225950.jpg
f0033831_08354624.jpg
f0033831_07153154.jpg
f0033831_07161612.jpg
f0033831_18491756.jpg
f0033831_05192773.jpg
f0033831_05462774.jpg
f0033831_05464936.jpg
f0033831_05472728.jpg
f0033831_05462911.jpg
f0033831_05470400.jpg
f0033831_07195839.jpg
f0033831_07193696.jpg
f0033831_11225054.jpg
f0033831_05501739.jpg
f0033831_18493679.jpg
f0033831_18502377.jpg
f0033831_18483815.jpg
f0033831_04575515.jpg
f0033831_18033266.jpg
f0033831_18023429.jpg
f0033831_16090550.jpg
f0033831_16420785.jpg
f0033831_20162115.jpg
f0033831_20215121.jpg
f0033831_20165391.jpg
f0033831_20103008.jpg
f0033831_18064836.jpg
f0033831_05271984.jpg
f0033831_05240843.jpg
f0033831_06414199.jpg
f0033831_06161722.jpg
f0033831_05431330.jpg
f0033831_19512978.jpg
f0033831_05345030.jpg
f0033831_05342108.jpg
f0033831_05331112.jpg
f0033831_05342101.jpg
f0033831_06093196.jpg
f0033831_06215450.jpg
f0033831_06224170.jpg
f0033831_05451200.jpg
f0033831_19450780.jpg
f0033831_05580743.jpg

by「野山の散策」

・topページはPCサイドバのカテゴリ(8)「美と美」をクリックして下さい。

# by o-wxy | 2018-12-22 22:22 | (8)美・美人美人・美と美と美と美と美 | Comments(0)

「美」を求めて 美人美人美人美人 美と美 いろんなポ₋ズありがとう



f0033831_20105817.jpg


f0033831_20113549.jpg


f0033831_20121668.jpg


f0033831_20123828.jpg


何とも微笑ましいポーズでしょう。
f0033831_8495724.jpg


f0033831_839264.jpg


f0033831_20132128.jpg


f0033831_2016118.jpg


f0033831_20171176.jpg
f0033831_05141788.jpg
f0033831_09453290.jpg
f0033831_05071824.jpg
f0033831_05074334.jpg
f0033831_04414958.jpg
f0033831_18452009.jpg
f0033831_04481707.jpg
f0033831_05271984.jpg
f0033831_18211286.jpg

f0033831_05492860.jpg
f0033831_05231057.jpg

f0033831_20322361.jpg


f0033831_16175187.jpg
f0033831_07475015.jpg
f0033831_05213616.jpg

f0033831_07172591.jpg
f0033831_05501739.jpg
f0033831_07153154.jpg
f0033831_07161612.jpg
f0033831_05224526.jpg
f0033831_05233988.jpg
f0033831_05231138.jpg
f0033831_05470664.jpg
f0033831_04423426.jpg
・楽しく過ごさせて頂き有難うございました。2012
f0033831_05524182.jpg

topページはカテゴリの「美と美」をクリックして下さい。

# by o-wxy | 2018-12-12 12:12 | (8)美・美人美人・美と美と美と美と美 | Comments(0)

美人美人美

「美を求めて」「美と美」「美と美と美」「美と美と美と美と美」
「美人美人」「美人と美人」「美人を求めて」
「美と美と自然」「自然美人」「自然の美と美」

「美」
f0033831_6132989.jpg

この「美人美」はgoogleの「美と美」「美人美」「美人美人美」「美人美人美美人美」「自然美人と美人」のtopページのほか、「自然の美人」「美求めて」「自然の美人と美人」「自然と行場」「自然の美を求めて」「美人美人もとめて」「美をもとめて(美と美)」「自然のヨガ」「自然と紅葉」「美人をもとめて」「行場をもとめて」「野山の散策」「自然美人もとめて」「屋久島散策散策」「前穂高岳求めて」「自然と美をもとめて」「自然をもとめて」「究極のヨガ」「アルプスを散策」「自然と美をもとめて」「富士山求めて」「自然の美をもとめて」「行場散策」「自然と美求めて」「奥穂高岳散策」「アルプス求めて」「行場を散策」「自然の美と美」「自然ヨガ」「前アルプス求めて」「屋久島を求めて」「自然もとめて」「自然と美人美人美人」「紅葉を求めて散策」「自然の美人を求めて」「自然行場」「美と美と自然」「美人美美人美」「自然の行場」「前アルプス散策」「富士山散策散策」「行場と行場」「美人美求めて」「行場行場」「自然と美人をもとめて」「行場行場」「美人美人美をもとめて」「槍ヶ岳散策」「涸沢を散策」「自然美人と美人美人」「自然と美求めて」「自然と美と美人」「北アルプスを散策」「自然と美人」「ヨガをもとめて」「前穂高北尾根散策」「美人美人美をもとめて」「ジャンダルムを求めて」「行場の行場」「自然を散策」「究極の自然の美もとめて」「自然とヨガ」「自然と美人と美人美人」「自然の紅葉を求めて」「自然の紅葉」「究極の自然美人を求めて散策」「行場」「行場 行場行場」のtopページの他に、3p「屋久島の温泉」の他150件以上掲載されています。

f0033831_19041725.jpg
f0033831_6261043.jpg
f0033831_05034728.jpg
f0033831_06524699.jpg
f0033831_05351343.jpg
f0033831_05005661.jpg
f0033831_06490280.jpg
f0033831_19542655.jpg
f0033831_18285365.jpg
f0033831_07452336.jpg
f0033831_07222916.jpg

f0033831_19511081.jpg
f0033831_20165037.jpg
f0033831_20160635.jpg
f0033831_18401816.jpg

f0033831_93455100.jpg

f0033831_7105372.jpg
f0033831_20273195.jpg
f0033831_6215036.jpg

f0033831_74125100.jpg


f0033831_20244823.jpg

f0033831_5301316.jpg

f0033831_6191137.jpg

f0033831_6233372.jpg

f0033831_2005060.jpg

f0033831_2025548.jpg

f0033831_8303243.jpg

f0033831_20255740.jpg


カメラが撮らえた1秒間の世界。
たかが1秒間の世界ですが、色んな表情があって素晴らしいですね。
f0033831_2322198.jpg

キャノン1DXによるジャンプの連続撮影。
最初は7コマ/秒です。
f0033831_2221118.jpg

f0033831_2223963.jpg

f0033831_223278.jpg

f0033831_2232432.jpg

f0033831_2234245.jpg

f0033831_224381.jpg

f0033831_2242560.jpg


・つづいて12コマ/秒の連続写真です。  
f0033831_2245179.jpg

f0033831_2251527.jpg

f0033831_2253348.jpg

f0033831_2265887.jpg

f0033831_2271739.jpg

f0033831_2275431.jpg

f0033831_2284336.jpg

f0033831_2291484.jpg

f0033831_2293344.jpg

f0033831_2301776.jpg


本人もドッキリ。 凄くセクシーでしょう。
何より表情が素敵です。
f0033831_2325029.jpg

f0033831_2333526.jpg


f0033831_2355654.jpg

f0033831_2365858.jpg

f0033831_2373473.jpg


f0033831_1752681.jpg

f0033831_1761847.jpg


f0033831_21271892.jpg


自然を求めて
f0033831_1625149.jpg


f0033831_21115070.jpg


f0033831_21155659.jpg

f0033831_2120316.jpg

f0033831_20384726.jpg

f0033831_208585.jpg

f0033831_22123273.jpg

f0033831_16122675.jpg

f0033831_1855106.jpg

f0033831_643059.jpg


f0033831_7545340.jpg

f0033831_7541775.jpg

f0033831_21532131.jpg


f0033831_1047679.jpg

f0033831_4291017.jpg

f0033831_2225359.jpg

f0033831_519436.jpg

f0033831_5551510.jpg

f0033831_19511675.jpg

f0033831_22182779.jpg

f0033831_19375785.jpg

f0033831_1837919.jpg


f0033831_45318.jpg

f0033831_18421056.jpg

f0033831_456745.jpg

f0033831_18182669.jpg

f0033831_19583257.jpg


f0033831_20292216.jpg

f0033831_90647.jpg

f0033831_1822324.jpg

f0033831_8222346.jpg

f0033831_65941100.jpg

f0033831_703169.jpg

f0033831_2095868.jpg

f0033831_8584568.jpg

f0033831_17465241.jpg


f0033831_2026642.jpg


f0033831_14431551.jpg


f0033831_18454116.jpg


f0033831_20163834.jpg

「美」
f0033831_16222219.jpg


f0033831_21181392.jpg

f0033831_641375.jpg

f0033831_1939862.jpg


f0033831_19393937.jpg


f0033831_19125278.jpg

f0033831_219913.jpg

f0033831_3545119.jpg

f0033831_1973663.jpg

f0033831_5544787.jpg


f0033831_5121655.jpg


f0033831_4242246.jpg

f0033831_4244639.jpg

f0033831_7365344.jpg

f0033831_945161.jpg

f0033831_9484957.jpg

f0033831_19152198.jpg

f0033831_19154567.jpg

f0033831_9142280.jpg


f0033831_1321228.jpg

f0033831_2295453.jpg

f0033831_17182397.jpg



topページはカテゴリの(8)「美と美」をクリックして下さい。

# by o-wxy | 2018-12-11 11:11 | (8)美・美人美人・美と美と美と美と美

美人求めて,美を求めて、美人美人、 笑顔を求めて

「美」美人を求めて、「美人美人美」


f0033831_801376.jpg


f0033831_7531483.jpg


f0033831_7412553.jpg
f0033831_18562745.jpg
f0033831_20544455.jpg
f0033831_07492235.jpg
f0033831_19360377.jpg

f0033831_05494428.jpg
f0033831_16274766.jpg
f0033831_18512538.jpg

f0033831_11544662.jpg


f0033831_1913077.jpg


f0033831_933264.jpg


f0033831_2054295.jpg


f0033831_06560745.jpg
f0033831_19555057.jpg

f0033831_7454197.jpg


f0033831_7475477.jpg


f0033831_7205195.jpg


f0033831_7404231.jpg


f0033831_1855106.jpg


f0033831_805219.jpg


f0033831_1713611.jpg


f0033831_5125635.jpg


f0033831_19384740.jpg

笑顔がとても素敵でしょ。


f0033831_6491355.jpg


f0033831_2012467.jpg


f0033831_2001663.jpg

topページはサイドバの{設定}カテゴリ8の「美と美」をクリックして下さい。
そうすれば連続で御覧になれます。

# by o-wxy | 2018-12-11 08:33 | (8)美・美人美人・美と美と美と美と美 | Comments(0)

「自然と紅葉」「自然の美と美」「紅葉求めて」

(7)「自然と紅葉」のトップページ
f0033831_13445710.jpg

f0033831_636135.jpg
f0033831_426684.jpg
f0033831_16420785.jpg
f0033831_04575515.jpg
f0033831_18023429.jpg
f0033831_18014443.jpg
f0033831_20263292.jpg
f0033831_07014404.jpg
f0033831_18031822.jpg
f0033831_18033266.jpg
f0033831_20185069.jpg
f0033831_20142557.jpg
f0033831_07453258.jpg
f0033831_04575515.jpg
f0033831_20252760.jpg
f0033831_18210575.jpg
f0033831_18250125.jpg
f0033831_18215501.jpg
f0033831_20124176.jpg
f0033831_07260890.jpg
f0033831_07204780.jpg
f0033831_20165391.jpg
f0033831_20250839.jpg
f0033831_20175253.jpg

f0033831_161044100.jpg

「紅葉を求めて散策」の他にも、googleには「美と美」「美と美と美」「自然と美と美」「自然の美人」「自然と美人と美人美人」「美もとめて」「自然ヨガ」「自然の行場」「自然の美をもとめて」「美脚を求めて」「美人をもとめて」「自然の美と美」「自然もとめて」「自然と紅葉」「自然の美人と美人」「前穂高求めて」「自然のヨガ」「行場をもとめて」「美人美もとめて」「屋久島散策散策」「自然と美と美人美人」「自然の美求めて」「アルプス求めて」「自然の美と美」「富士山求めて」「美を求めて」「自然美人」「美人美美人美」「行場をもとめて」「自然と美をもとめて」「究極のヨガ」「行場行場」「紅葉求めて」「自然美人もとめて」「自然と美人をもとめて」「前アルプス求めて」「美人美人もとめて」「自然の美人をもとめて」「美と美と自然」「富士山散策散策」「自然の行場求めて」「奥穂高岳散策」「自然と美と美」「前穂高岳求めて」「アルプスを散策」「行場行場」「自然をもとめて」「北穂高岳散策」「美人美人美人」「富士山散策」「自然美人と美人」「行場散策」「自然美人と美人美人」「自然の美求めて」「自然行場」「行場と行場」「槍ヶ岳散策」「自然と美もとめて」「涸沢を散策」「ジャンダルムを求めて」「自然と美と美人」「美求めて散策」「自然と美人」「自然の紅葉」「自然美人と美人美人」「前アルプスの散策」「屋久島を求めて」「行場を散策」「自然の美人もとめて」「自然を散策」「紅葉の美を求めて」「自然とヨガ」「自然の紅葉を求めて」「究極の自然の美求めて」「美wo求めて」「行場」「行場 行場行場」「美人美人美」「美人美」「行場行場行場」「究極の自然の紅葉を求めて散策」
、2p「」「」「屋久島の温泉」のページの他に150件以上掲載されています。

topページはカテゴリ(7)の「自然と紅葉」、(2)の(自然を求めて)をクリックして下さい。
f0033831_6582883.jpg

f0033831_6574815.jpg

f0033831_656278.jpg

f0033831_12233571.jpg
f0033831_05134590.jpg
f0033831_05160452.jpg
f0033831_15424381.jpg
f0033831_05154186.jpg

f0033831_15435151.jpg


f0033831_7422042.jpg

f0033831_431170.jpg
f0033831_07431357.jpg

f0033831_411283.jpg
f0033831_18231229.jpg
f0033831_04575515.jpg
f0033831_18214866.jpg

f0033831_4121056.jpg

f0033831_9334132.jpg

f0033831_934432.jpg
f0033831_07011582.jpg

f0033831_15534053.jpg
f0033831_18270654.jpg
f0033831_07014404.jpg

f0033831_933462.jpg
f0033831_16090550.jpg

f0033831_1553518.jpg
f0033831_16104111.jpg

f0033831_18564658.jpg

f0033831_1857183.jpg
f0033831_07453258.jpg

f0033831_1857481.jpg
f0033831_20162115.jpg

f0033831_18581822.jpg

f0033831_18591120.jpg

f0033831_15561763.jpg

f0033831_15552776.jpg
f0033831_18245597.jpg

f0033831_527392.jpg

f0033831_528373.jpg

f0033831_6131251.jpg

f0033831_6142230.jpg
f0033831_16420785.jpg
f0033831_20175253.jpg
f0033831_20165391.jpg
f0033831_07431357.jpg
f0033831_07011582.jpg
f0033831_18270654.jpg
f0033831_07014404.jpg
f0033831_18235640.jpg


f0033831_2021346.jpg

f0033831_1541352.jpg

f0033831_15371255.jpg

f0033831_1537448.jpg

f0033831_2011263.jpg

f0033831_7313640.jpg

f0033831_16393922.jpg

f0033831_6425677.jpg

f0033831_6461174.jpg

f0033831_1446286.jpg

f0033831_18531587.jpg

f0033831_12345234.jpg

f0033831_20261281.jpg

f0033831_12341666.jpg

f0033831_16273379.jpg


f0033831_6243274.jpg

f0033831_624529.jpg

f0033831_20424794.jpg

f0033831_20433974.jpg


f0033831_18134532.jpg


f0033831_17335172.jpg


f0033831_17283788.jpg


f0033831_1728773.jpg


f0033831_18322974.jpg


f0033831_13464636.jpg


f0033831_5444625.jpg


f0033831_529584.jpg

f0033831_13561337.jpg


f0033831_5315252.jpg


f0033831_6215128.jpg

f0033831_732476.jpg


f0033831_5332229.jpg


f0033831_6155524.jpg


f0033831_550814.jpg


f0033831_6255635.jpg


f0033831_193801.jpg


f0033831_6265986.jpg

f0033831_1848233.jpg

f0033831_1847116.jpg

f0033831_1846171.jpg

f0033831_555848.jpg


f0033831_7555246.jpg


f0033831_17263731.jpg

# by o-wxy | 2018-11-11 11:11 | (7)自然と紅葉(紅葉を求めて)

・モデル今井美穂のページ。美、「美と美」{美と美と美と美と美」

美と美「自然とよが」「自然と紅葉」「自然をもとめて」
・モデル今井美穂のページ。
f0033831_63557100.jpg


・清水寺周辺の散策。
f0033831_6364887.jpg

f0033831_18163345.jpg

f0033831_6373037.jpg

f0033831_6381034.jpg

f0033831_639898.jpg

f0033831_6394192.jpg

f0033831_6402916.jpg

f0033831_6411061.jpg

f0033831_6415711.jpg

f0033831_18145368.jpg

f0033831_18154545.jpg


f0033831_643391.jpg

f0033831_6435213.jpg


f0033831_15574932.jpg

f0033831_15581924.jpg

f0033831_1672719.jpg

f0033831_1559862.jpg

f0033831_647145.jpg

・恋占いの石。目隠しで歩いています。
f0033831_656333.jpg

f0033831_6564365.jpg

・無事祈願達成。
f0033831_6483080.jpg


f0033831_6491447.jpg

f0033831_6494312.jpg

f0033831_1633977.jpg

f0033831_1642054.jpg

f0033831_165258.jpg


f0033831_6502163.jpg

f0033831_6515058.jpg

f0033831_651132.jpg

topページはサイドバのカテゴリ(8)の「美と美」をクリックして下さい。
# by o-wxy | 2018-11-11 11:11 | (8)美・美人美人・美と美と美と美と美 | Comments(0)

美人を求めて,美を求めて、美人美人 微笑みを求めて

美人を求めて・美と美と美と美と美

f0033831_05165448.jpg

f0033831_6511228.jpg
00
f0033831_21093371.jpg

f0033831_09240010.jpg

f0033831_19372126.jpg



f0033831_19513992.jpg
f0033831_18251802.jpg
f0033831_19072326.jpg

f0033831_19545997.jpg

f0033831_21124582.jpg


f0033831_17144567.jpg


f0033831_17594978.jpg


f0033831_565156.jpg


f0033831_2032323.jpg


f0033831_18493434.jpg


f0033831_13231066.jpg

f0033831_06591586.jpg

f0033831_715038.jpg


f0033831_19252741.jpg


f0033831_713129.jpg


f0033831_945248.jpg


f0033831_186250.jpg


f0033831_16222219.jpg

f0033831_08091717.jpg
f0033831_18364989.jpg
f0033831_18354437.jpg
f0033831_17512980.jpg
f0033831_18341188.jpg

f0033831_5404786.jpg


f0033831_5534321.jpg




f0033831_5431534.jpg

f0033831_06052434.jpg
f0033831_20340020.jpg

f0033831_7363266.jpg


f0033831_14333897.jpg



f0033831_6201954.jpg



f0033831_1814283.jpg


f0033831_182465.jpg


f0033831_1842836.jpg



f0033831_1951522.jpg


f0033831_2122326.jpg


f0033831_8243593.jpg


f0033831_19404034.jpg


f0033831_1747736.jpg


f0033831_17473011.jpg


f0033831_19411480.jpg




f0033831_19414122.jpg


f0033831_7173612.jpg


f0033831_6183481.jpg


f0033831_17114796.jpg


f0033831_675290.jpg


f0033831_4491734.jpg


f0033831_2284318.jpg


f0033831_16411385.jpg


f0033831_7192726.jpg


f0033831_1881679.jpg


f0033831_7572659.jpg


f0033831_6331394.jpg

サイドバーのカテゴリ(8)の「美と美」をクリックして下さい。
そうすれば連続で御覧になれます。
画面をクリックして下さいネ

# by o-wxy | 2018-11-11 01:05 | (8)美・美人美人・美と美と美と美と美 | Comments(1)

美人を求めて,美を求めて、美人美人

・美。美と美
・美人
f0033831_4335832.jpg
f0033831_07110007.jpg
f0033831_19593390.jpg
f0033831_20142845.jpg

f0033831_18504509.jpg
f0033831_1936498.jpg

f0033831_6141444.jpg

f0033831_09094724.jpg
f0033831_06383054.jpg
f0033831_18530180.jpg
f0033831_18104841.jpg

f0033831_20122944.jpg

f0033831_15403733.jpg

f0033831_1543163.jpg

f0033831_15435858.jpg

f0033831_2032323.jpg


この他にも、googleには「自然の美人」「美求めて」「自然ヨガ」「自然の行場」「自然の美を求めて」「美人を求めて」「前穂高求めて」「自然のヨガ」「行場を求めて」「自然を求めて」「屋久島散策散策」「自然の美求めて」「アルプス求めて」「富士山求めて」「美を求めて」「自然と美を求めて」「究極のヨガ」「紅葉求めて散策」「自然美人求めて」「自然と美人を求めて」「紅葉の美を求めて」「前アルプス求めて」「自然の美人を求めて」「富士山散策散策」[自然の行場求めて」「奥穂高岳散策」「前穂高岳求めて」「アルプスを散策」「自然求めて」「北穂高岳散策」「富士山散策」「行場散策」「自然の美求めて」「自然行場」「槍ヶ岳散策」「自然行場」「自然と美求めて」「自然の紅葉求めて」「涸沢を散策」「ジャンダルムを求めて」「美求めて散策」「自然と美人」「前アルプスの散策」「屋久島を求めて」「行場を散策」「自然の美人求めて」「自然を散策」「自然とヨガ」「自然の紅葉を求めて」「行場」「紅葉求めて」「大自然求めて」「自然の紅葉」、2p「屋久島の温泉」のページの他に150件以上掲載されています。

f0033831_1815293.jpg

f0033831_16241344.jpg

f0033831_16531992.jpg

f0033831_20445633.jpg

f0033831_1972778.jpg

f0033831_7293485.jpg

f0033831_18512412.jpg

topページはカテゴリの(8)「美と美」をクリックして下さい。
# by o-wxy | 2018-11-11 01:01 | (8)美・美人美人・美と美と美と美と美

日本の美求めて

美「美人美人」 topページはPCカテゴリの(8)「美人美人」をクリックして下さい。

日本の美を求めて

新聞に労働者不足で「年間20万人を受け入れ」かと書いていましたので

私の一言 この問題は簡単に解決できる問題ではないですね。

何故なら、将来日本人が無くなり他民族国家になると言うことですからね。

一番分かりやすい例で説明しますと、琵琶湖に一握りの外来魚(ブラックバス、ブルウギルその他)を放流しました。理由は心もとない一部の人間がルアーを楽しむ為に、琵琶湖に生息している在来魚であるフナ、コイ、モロコ、アユ、タナゴその他の稚魚が外来魚に食われて激減し、反対に獰猛で繁殖力の強い外来種にとって変わろうとしています。事実、琵琶湖その他河川の大問題です。外来魚を減らそうにも手を打てない状態になってしまっています。

人間の世界も同じです。一時的に労働力は緩和するようにみえますが、長い目でみますと労働者の老いた家族も引き取るため社会保険料の増大、健康保険料の増大、多民族の為、文化風習の違いや宗教、価値観の違いにより紛争も多発し、治安が悪くなるので警察官の増大などに伴う公務員の経費が序所に多くなってくると考えられます。

また、一人あたりの国民総生産量が減るので税金が高くなります。ただでさえ国民一人当たりの国債負担額は900万円と言われています。さらに毎月増加しています。あのギリシャの比ではない,返す当ての無い債務の状態です。また、選挙民である為、数の論理からして既存の日本人は片隅においやられていきます。 悪循環

そこで私の提案ですが、民間の企業にお願いして、今独身の男女を如何に結婚させるか考えたほうが収まると思います。

企業の独身者は必ず何等かのクラブに入部しなければならない制度を設ける。

大まかな規定は設けますが、運営は抽選で選ばれた男女が行います。会社の上司が上に立つと上手くいきません。(お金は出すが口は出さない)

男女が共同で何かの目標を事前に決め、男女協同で目的を達成できるものが良いですね。大企業であれば10程度のグラブを設け、一つのグラブに居座わるのじゃなく、ローティションをしていろんな人と出会える機会を増やすことが重要です。

例えば、サイクリング、ハイキング、旅行、食べ歩き、茶道、写真、アウトドアその他

具体的に申しますと、最初各々の男女の数だけ札を設け、その札にクラブ分け及び役割を明記しておく。グループの男女の数が大まか均等になるよう配慮します。

また、同時に二つのグループに所属し、半年ないし一年間を目処に、ずらして二つのグループに所属します。(今まで行ってきて良かった事、改善したら良いと思える事を新しく入った人に伝えるために)。リーダーは必ず男性だけ、女性だけが集まらないように配慮してください。

今まで仕事一筋で無口で口も聞いたことも無い人が、ある日リーダーになると大変なのですが、ある程度協力しあって運営している過程で頭角を現す人もでてくるでしょうね。

横、縦のつながりもでき、絆が芽生え恋に発展します。

これは一種のゲームみたいなもので気楽に男女が出会える場を設けるものであり堅苦しい事が多くなると上手くいきません。

過程が大事で創意工夫により何かを得とくしてください。 つづく

結婚して子供を授かると企業の託児所に預けて仕事が出来る環境整備が早急に必要です。

また、国も会社、個人に何等かの援助が必要ですね。

    ・キャリアウーマンも若い時は自分の給料で好きなブランドを集め着飾っているでしょうがいったん震災にでも出くわすと何も残りませんね。残るのは失望という言葉のみ残ります。また、ある年齢に達すると自分の両親、いとこ達も徐々にいなくなり、話し相手も少なくなってから「私に子供(家族)がいたらなっ」と後悔する人がよく口にする言葉です。

若いときは背が高くてハンサムの外人に憧れ結婚して外国で暮らしをしたのは良いが、日本の核家族と違い、夫の面倒の他に大家族の面倒(まるで家政婦みたい)で体力的に、精神的に疲れ果て離婚(注)する人が多いです。 (聞くのと行くのとでは大違いみたいですよ)

また離婚して子供を引き取るにも法律の関係でできない国もあります。十分注意してね。

今結婚する人の10人に一人は外国人と結婚しています。特に日本人の女性と外国人の男性が圧倒的に多いです。外国語大学の学生の約7割は女性からしてもわかります。行き当たりばったりで、人生のPDCAのシミュレーションにかけますね。 日本人としてのプライドに欠る人は外国人と結婚したがります。(注)毎年2万組以上が国際結婚をし、その7割が離婚しています。(何故離婚したのか、その原因は何だったのかを考えたほうがいいですね。)また、結婚する前に、相手方の家族がどんな生活をしているのか、将来自分がその家族の一員(白人、黒人の家族)になれるのかまで見極めてからでも遅くないでしょうね。

黒人>白人>黄色人これは結婚して生まれた子供が何方に似るか調べた結果です。後悔は先に立たずです着物が似合う日本人が一番良いです

・話は変わりますが、エイズの一番多い所は何処でしょう、東京、大阪、横浜、神戸、沖縄です。全て外人の多い所です。(エイズ研究会調べ)

 もっと日本人と結婚してくださいね。  お幸せにね

f0033831_07264934.jpg


# by o-wxy | 2018-11-05 05:55 | (8)美・美人美人・美と美と美と美と美 | Comments(0)

”美” 北アルプス前穂高北尾根(3回目)  北アルプスを求めて   北アルプス登山

(3)「アルプスを求めて」のTOPぺージ
「美を求めて」「美人を求めて」「アルプスを求めて」「行場」「富士山を求めて」「自然を求めて」「屋久島を求めて」「紅葉を求めて」「美人美人」「よがを求めて」「自然とよが」

・三回目
・ニコンD850 レンズtamuron sp24-70f/2.8biVC USD G2使用 webの制限上45Mバイトを485kバイト程度に落として投稿しております。

・二年前の2014/9/28日に二回目の北アルプス前穂高北尾根へ登った時は登山具を持たず、ヘルメットも涸沢ヒュッテで借りたが、今回2017/9/25は自前で用意した。それ以外お守り用に8mmロープ20mと水1.5kg、非常食、防寒具等を用意した。 
・ こんな険しい山へ行く者もおらず。 今回も一人で9/24日の朝京都を出発し、高速道路を使用し高山経由でアカンダナ駐車場まで行き、そこからシャトルバスに乗り換えて上高地バスターミナルまで。そこから徳澤園まで歩き、カレー2杯とソフトクームを食べ腹拵えをして涸沢キャンプ場に向かった。本来なら徳澤辺りでゆっくりしたいところであるが、27日に低気圧がくるので涸沢まで行かないと前穂高北尾根へ登れなくなるかもしれず、頑張って行くことにした。途中紅葉の様子を見ながら歩いたが、昨年より7日位遅れているみたいである。夕方涸沢キャンプ場に着き早速テントを張った。
f0033831_07125604.jpg
・25日の朝5:00分よりへッドランプをヘルメットに取り付けて登坂準備を行い、5:30分よりへッドランプの明かりを頼りに、ガラガラの斜面を登った。5・6のコルより前穂高北尾根登坂(ロッククライミング)です。

・前回のカメラはキヤノン1DXとEF70-200 mmF2.8と付属品で約4kgほど、今回はニコンD850と2レンズtamuron sp24-70f/2.8biVC USD G2レンズともで2kgなので2kg程軽く短くなり、幾分か助かっている。
前穂高北尾根の全景 右側が前穂高岳
f0033831_18541879.jpg
f0033831_06404354.jpg
f0033831_21252972.jpg


f0033831_21260879.jpg


f0033831_21262037.jpg


f0033831_21263266.jpg

・槍ヶ岳がかすかに見えます
f0033831_21264316.jpg


f0033831_21270078.jpg


f0033831_21272874.jpg


f0033831_21273847.jpg


f0033831_21275143.jpg


f0033831_21280258.jpg


f0033831_21281536.jpg


f0033831_21282654.jpg


・左側より奥穂高岳、涸沢岳、北穂高岳、槍ヶ岳の順番です
f0033831_21283681.jpg

f0033831_21285734.jpg
・ここも登ります
f0033831_21290792.jpg

f0033831_21291831.jpg

f0033831_21292974.jpg

f0033831_21293918.jpg

f0033831_21302581.jpg
・この尾根も登ります
f0033831_21311819.jpg

f0033831_21313081.jpg

f0033831_21314198.jpg

f0033831_21315585.jpg

f0033831_21320695.jpg

f0033831_21321930.jpg
・奥穂高岳
f0033831_21323079.jpg

f0033831_21324319.jpg

f0033831_21334097.jpg
・ここを登って頂上へ
f0033831_21342551.jpg

f0033831_21344361.jpg
・この尾根筋も登ります
f0033831_21350374.jpg
・左からジャンダルム、奥穂高岳、涸沢岳
f0033831_21351641.jpg

f0033831_21352766.jpg
・右奥に槍ヶ岳が見えます
f0033831_21353842.jpg

f0033831_21354979.jpg

f0033831_21360385.jpg
・奥穂高岳
f0033831_21361411.jpg
・北尾根から見た梓川と奥又白池
f0033831_21364439.jpg

f0033831_21365506.jpg

f0033831_21371910.jpg

・槍ヶ岳
f0033831_21372991.jpg
・左奥が涸沢小屋で右側が涸沢ヒュッテです。
f0033831_21374301.jpg

f0033831_21381834.jpg
・ジャンダルムと奥穂高岳
f0033831_21383234.jpg
・槍ヶ岳
f0033831_21384246.jpg

f0033831_21385953.jpg
・左側の白い斜面を降ります。最後の肝試しです。ここを降りれば危険な所もないです。
f0033831_21392040.jpg
・前穂高岳側から撮影しております。
f0033831_21393172.jpg
・前穂高岳頂上 
f0033831_19495220.jpg
f0033831_07004487.jpg
・朝5:30涸沢から登りだし前穂高北尾根経由で前穂高岳の頂上へ10:30に着いた。
ここで一休み 2回目は涸沢まで降りてテント伯をしたが、今回は奥穂高山荘で宿泊した。
f0033831_21400645.jpg

f0033831_07125604.jpg
・カメラの手振れ補正をoffの状態で撮影していたので少々ピンボケも交じっています。

f0033831_19014681.jpg
f0033831_04523726.jpg
f0033831_04520858.jpg
f0033831_18541879.jpg
f0033831_06300160.jpg
・何時もの飛騨高山によりキャンピングカーで過ごしながら市内見物及び食べ歩きをした。
f0033831_05081903.jpg

2回目 2015年9月27日
・涸沢~前穂高北尾根~前穂高岳~紀美子平~吊尾根~奥穂高岳~奥穂高山荘~涸沢、-日の単独アタックです。
 今年の秋は涸沢へ紅葉の写真を撮りに来たのだが何故か前穂高北尾根が目の前に聳え立つているので、ふとした気分でこの山に登ろうかと思い立った。昨年の秋は槍ヶ岳北鎌尾根に一人で登ったことだし、今年は前穂高北尾根に一人で登ろうかと思ったのである。

前穂高北尾根は以前3人で登ったが5年も経ち山の状況(落石等)が分からず、涸沢のパトロール案内所を訪ねることにした。

私が涸沢ヒュッテで借りたヘルメット(1日1000円)と普通の登山靴以外何も登はんギアー(ロープ、ハーネス、8カン、カラビナ、ハンマ、ナッツキスリングロープ等)を持たず、登りますと言ったものだから係員の方に「幾度も一人で登って滑落していても分からないので辞めるように」言われたが、私の意志が固いので、涸沢のテント場に設置してある私のテント(2日間2000円)に「帰って居なければ山から滑落していると思われるので捜索します、取りあえず登山届けを書いてから登ってください」と言われ登山届けに必要事項を記入してこの場を離れた。

2015年9月28日 登山当日は朝4時に起床し、重いカメラ約4kg(1DX,EF70-200mmF2.8LIS2USM他)と水2.5L、食料、アルミ製ビパック用寝袋、ヤッケ等を大きな77Lザックに入れ防寒服に身を包み、4時30分より登り始めた。朝が早く周囲も暗いためヘッドランプの明かりを頼りにガラガラの道を登りだした。

前穂高北尾根の5-6のコルに着いた頃には朝日も昇り辺りの山容は朝焼けとなり暫し見とれていた。
さあ今からこの山に登るのかと思いカメラで辺りの山容を撮ることにした。
光の当たり具合により山の景色も幾分か違って見える。

3人で最初この山に登った時は体と体とをロープで繋いで登ったんで恐怖感も感じないままに登ったが、今日一人で登るとなると何か複雑な気分である。
f0033831_4465279.jpg


・手前より奥穂高岳方面、コルは穂高岳山荘、涸沢岳の順番です。
f0033831_738363.jpg


・北穂高岳
f0033831_8492511.jpg


f0033831_7381525.jpg


f0033831_7384876.jpg


f0033831_7401071.jpg


f0033831_2022940.jpg


f0033831_2024197.jpg


f0033831_2025610.jpg


f0033831_20274938.jpg


f0033831_20281624.jpg


北尾根から見た涸沢の紅葉
f0033831_20302459.jpg


f0033831_20305892.jpg


北尾根から見た槍ヶ岳
f0033831_20314313.jpg


f0033831_20324749.jpg


f0033831_20331142.jpg


f0033831_20341531.jpg

・奥又白池
f0033831_7473627.jpg


f0033831_7485359.jpg


f0033831_2035194.jpg


f0033831_20352081.jpg


f0033831_2036962.jpg


f0033831_20362410.jpg


f0033831_20384473.jpg


f0033831_20365273.jpg


f0033831_20394418.jpg


・・、北尾根から見た涸沢岳
f0033831_20412176.jpg


北尾根から見たジャンダルム
f0033831_20415930.jpg


f0033831_20441021.jpg

中央は奥穂高岳
f0033831_2045718.jpg


f0033831_20422014.jpg


f0033831_20424721.jpg


f0033831_18464717.jpg


f0033831_2045378.jpg


f0033831_20461484.jpg


f0033831_20464010.jpg


f0033831_20471664.jpg


f0033831_20475020.jpg


f0033831_20481319.jpg


・3峰の核心部であるチムニーは登らず、涸沢側の絶壁を登りました。
f0033831_2049884.jpg


f0033831_20493363.jpg


北尾根から見た槍ヶ岳
f0033831_2138469.jpg


f0033831_18392436.jpg


f0033831_21393938.jpg


f0033831_21401032.jpg


f0033831_21414851.jpg


f0033831_21421150.jpg


・この絶壁を降ります、足のかかりしろが極わずかで足を滑らしてよく滑落事故の起こる場所です。
ハーネス、8カン、ロープ、カラビナ等のギアが有ると安全に下降できます。
・Ⅱ峰の降下場所
f0033831_7491245.jpg


f0033831_7492996.jpg
f0033831_21393172.jpg
・この山には所所にハーケンやナッツを取り付けてあるがマーキングなど一つも無く、登山ギアーを持参しておれば楽に登れる所も何も持っていないので、登ってはだめで引き返し、また違ったルートを探して登るのがいっぱいの状況なので、引き返すのも大変で、まるで絶壁の迷路である。

涸沢側及び尾根筋を登はん時、斜面が急で岩のクラックに手、足を入れたり、足の膝を使って登っているので片手でこの重い望遠レンズ付カメラで風景を写す余裕も無く写真は撮れていない。

一般の登山者より難しいルートを登らざるえないからである。特に、3峰の核心部分であるチムニーは登らず涸沢側の絶壁を登りました。

また登ったという証拠写真を撮るためポイントポイントでザックよりカメラを取り出し風景を撮った。
大きなピークを3座登り降りして前穂高岳の頂上に着いた。

・後日ここに掲載している写真の一部が、NHK長野放送局で放映されたので御覧になった方もおられるでしようね。
f0033831_7494515.jpg


f0033831_635276.jpg

ここで-体みしこれより紀美子平まで下山して、またここから吊尾根を通り今までより高い奥穂高岳の吊尾根ををひたすら登るのである。
f0033831_17553726.jpg


f0033831_18411483.jpg


f0033831_5424082.jpg

・昨年奥穂高岳の頂上にあった木製の社が今年御影石製に変更されていた。
f0033831_7501167.jpg

・よく登った私の好きなジャンダルム
f0033831_05154186.jpg


f0033831_7502747.jpg

f0033831_07120358.jpg


奥穂高岳より見た槍ヶ岳
f0033831_05160452.jpg



f0033831_7512021.jpg


・奥穂高で休憩後ひたすら穂高岳山荘まで下山した。山荘に着いたのは17時であった。
ここで今晩泊まろうかと思ったが涸沢にテントも張ってあることだし遅くなっても大丈夫と思い下山することにした。
18時頃には辺りも暗くなりヘッドランプを点けて下山した。19時40分頃着いた。
テント場に着きしだい前日心配をかけたパトロール案内所を訪ね無事下山の報告をした。

翌朝またパトロール案内所に行き前日の山容をカメラのモニターで見てもらい結果の報告とした。
f0033831_7504613.jpg



・この前穂北尾根は山容を見ても分かる通り、のこぎりの歯のような山容で切立った岩場であり、一つ間違えばえば滑落死にいたります。

f0033831_751119.jpg


辺りの山山
f0033831_2155384.jpg


f0033831_2172891.jpg


f0033831_218150.jpg


f0033831_2182326.jpg


f0033831_21909.jpg


f0033831_21121082.jpg


・通常期の涸沢テント場はがら場の為涸沢ヒュッテでコンパネを仮りて設置しないと痛くて寝られない。但し枚数が限られている為早く着き確保してください。またテントに張るロープも岩に括り付けるため長めが良いですね。確保できない場合は涸沢小屋近くが石もすくなく張りやすいです。但しペグは必要です。

私の力量では前穂高北尾根をギアー(ロープ等を)持たないで登れる限界だと思います。
またこんな重いカメラを持って登る者もいないしょうね。
このカメラが無ければ4時間程度(写している時間も含めて)短縮できています。

・だけれど前穂高北尾根に登った達成感は良いものです。
本日はパノラマコースより屏風の頭に登り周囲の風景写真を撮った。
                    屏風の頭
f0033831_17381332.jpg


f0033831_6101643.jpg


屏風の耳
f0033831_6114369.jpg


屏風の頭から見た槍ヶ岳
f0033831_17411788.jpg


f0033831_8563651.jpg


f0033831_91365.jpg


f0033831_6143845.jpg


f0033831_6172230.jpg


f0033831_504788.jpg


f0033831_512222.jpg


f0033831_514853.jpg


f0033831_521330.jpg


f0033831_935526.jpg


f0033831_2148342.jpg


f0033831_21483756.jpg


f0033831_1802312.jpg


f0033831_1825028.jpg


前穂北尾根より見た富士山
f0033831_1852440.jpg

f0033831_1864015.jpg

f0033831_6422042.jpg

f0033831_639563.jpg
f0033831_06164259.jpg

1回目連れられて3人で前穂高北尾根登山、前穂高岳(3090m)より槍ヶ岳(3180m)
f0033831_15503178.jpg

<
前穂高岳北尾根1回目の写真です
この場所はロープワークで時間待ちを強いられることが多い為、朝早く出発します。
f0033831_17301016.jpg
f0033831_17121472.jpg
<
f0033831_16524197.jpg
f0033831_15484374.jpg
f0033831_20443964.jpg
1回目の写真です。
f0033831_2244473.jpg

奥穂高岳から見た槍ヶ岳の朝焼け。
f0033831_750942.jpg


奥穂高岳より見た御来光。
f0033831_5194161.jpg

奥穂高岳から見たジャンダルムの朝焼け。
f0033831_525597.jpg

f0033831_5271661.jpg


f0033831_7512991.jpg

前穂高岳より槍ケ岳
涸沢から前穂高北尾根経由で前穂高岳の頂上イエティの皆さんお元気ですか。3人で初めて登った前穂高北尾根
f0033831_14382249.jpg
f0033831_04414958.jpg
f0033831_05020116.jpg
f0033831_18211286.jpg


# by o-wxy | 2018-10-17 05:05 | (3)アルプスを求めて | Comments(0)

”美”北アルプス前穂高北尾根「美と美」「自然を求めて」「美と美と美と美と美」「美人美人」「自然の美と美」

”美”を求めて、前穂高北尾根補足版 「美と美」「美と美と美と美と美」「美人美人」「美人美人美」「美人を求めて」「自然の美と美」「自然とよが」「自然と紅葉」「自然をもとめて」「富士山求めて」「アルプス求めて」その他
”美”を求めて、「美と美」「美と美と美と美と美」「美人美人」「美人美人美」「自然の美と美」「自然とよが」「自然と紅葉」「自然をもとめて」「富士山求めて」「アルプス求めて」その他

・涸沢~前穂高北尾根~前穂高岳~紀美子平~吊尾根~奥穂高岳~奥穂高山荘~涸沢、-日の単独アタックです。

2015年9月27日 今年の秋は涸沢へ紅葉の写真を撮りに来たのだが何故か前穂高北尾根が目の前に聳え立つているので、ふとした気分でこの山に登ろうかと思い立った。昨年の秋は槍ヶ岳北鎌尾根に一人で登ったことだし、今年は前穂高北尾根に一人で登ろうかと思ったのである。

前穂高北尾根は以前3人で登ったが5年も経ち山の状況(落石等)が分からず、涸沢のパトロール案内所を訪ねることにした。

私が涸沢ヒュッテで借りたヘルメット(1日1000円)と普通の登山靴以外何も登はんギアー(ロープ、ハーネス、8カン、カラビナ、ハンマ、ナッツキスリングロープ等)を持たず、登りますと言ったものだから係員の方に「幾度も一人で登って滑落していても分からないので辞めるように」言われたが、私の意志が固いので、涸沢のテント場に設置してある私のテント(2日間2000円)に「帰って居なければ山から滑落していると思われるので捜索します、取りあえず登山届けを書いてから登ってください」と言われ登山届けに必要事項を記入してこの場を離れた。

2015年9月28日 登山当日は朝4時に起床し、重いカメラ約4kg(1DX,EF70-200mmF2.8LIS2USM他)と水2.5L、食料、アルミ製ビパック用寝袋、ヤッケ等を大きな77Lザックに入れ防寒服に身を包み、4時
30分より登り始めた。朝が早く周囲も暗いためヘッドランプの明かりを頼りにガラガラの道を登りだした。

前穂高北尾根の5-6のコルに着いた頃には朝日も昇り辺りの山容は朝焼けとなり暫し見とれていた。
さあ今からこの山に登るのかと思いカメラで辺りの山容を撮ることにした。
光の当たり具合により山の景色も幾分か違って見える。

3人で最初この山に登った時は体と体とをロープで繋いで登ったんで恐怖感も感じないままに登ったが、今日一人で登るとなると何か複雑な気分である。
f0033831_4465279.jpg

・手前より奥穂高岳方面、コルは穂高岳山荘、涸沢岳の順番です。
f0033831_738363.jpg

・北穂高岳
f0033831_8492511.jpg

f0033831_7381525.jpg

f0033831_7384876.jpg

f0033831_7401071.jpg

f0033831_2022940.jpg


f0033831_2024197.jpg

f0033831_2025610.jpg

f0033831_20274938.jpg

f0033831_20281624.jpg

北尾根から見た涸沢の紅葉
f0033831_20302459.jpg

f0033831_20305892.jpg

北尾根から見た槍ヶ岳
f0033831_20314313.jpg

f0033831_20324749.jpg

f0033831_20331142.jpg

f0033831_20341531.jpg

・奥又白池
f0033831_7473627.jpg

f0033831_7485359.jpg

f0033831_2035194.jpg

f0033831_20352081.jpg

f0033831_2036962.jpg

f0033831_20362410.jpg

f0033831_20384473.jpg

f0033831_20365273.jpg

f0033831_20394418.jpg

・・、北尾根から見た涸沢岳
f0033831_20412176.jpg

北尾根から見たジャンダルム
f0033831_20415930.jpg

f0033831_20441021.jpg

中央は奥穂高岳
f0033831_2045718.jpg


f0033831_20422014.jpg

f0033831_20424721.jpg

f0033831_18464717.jpg

f0033831_2045378.jpg

f0033831_20461484.jpg


f0033831_20464010.jpg

f0033831_20471664.jpg

f0033831_20475020.jpg

f0033831_20481319.jpg

・3峰の核心部であるチムニーは登らず、涸沢側の絶壁を登りました。
f0033831_2049884.jpg

f0033831_20493363.jpg

北尾根から見た槍ヶ岳
f0033831_2138469.jpg

f0033831_18392436.jpg

f0033831_21393938.jpg

f0033831_21401032.jpg

f0033831_21414851.jpg

f0033831_21421150.jpg

・この絶壁を降ります、足のかかりしろが極わずかで足を滑らしてよく滑落事故の起こる場所です。
ハーネス、8カン、ロープ、カラビナ等のギアが有ると安全に下降できます。
・Ⅱ峰の降下場所
f0033831_7491245.jpg

f0033831_7492996.jpg


・この山には所所にハーケンやナッツを取り付けてあるがマーキングなど一つも無く、登山ギアーを持参しておれば楽に登れる所も何も持っていないので、登ってはだめで引き返し、また違ったルートを探して登るのがいっぱいの状況なので、引き返すのも大変で、まるで絶壁の迷路である。

涸沢側及び尾根筋を登はん時、斜面が急で岩のクラックに手、足を入れたり、足の膝を使って登っているので片手でこの重い望遠レンズ付カメラで風景を写す余裕も無く写真は撮れていない。

一般の登山者より難しいルートを登らざるえないからである。特に、3峰の核心部分であるチムニーは登らず涸沢側の絶壁を登りました。

また登ったという証拠写真を撮るためポイントポイントでザックよりカメラを取り出し風景を撮った。
大きなピークを3座登り降りして前穂高岳の頂上に着いた。

・後日ここに掲載している写真の一部が、NHK長野放送局で放映されたので御覧になった方もおられるでしぃうね。
f0033831_7494515.jpg

f0033831_635276.jpg

ここで-体みしこれより紀美子平まで下山して、またここから吊尾根を通り今までより高い奥穂高岳の吊尾根ををひたすら登るのである。
f0033831_17553726.jpg

f0033831_18411483.jpg

f0033831_5424082.jpg


・昨年奥穂高岳の頂上にあった木製の社が今年御影石製に変更されていた。
f0033831_7501167.jpg

・よく登った私の好きなジャンダルム
f0033831_05154186.jpg

f0033831_7502747.jpg
f0033831_07120358.jpg

奥穂高岳より見た槍ヶ岳
f0033831_05160452.jpg


f0033831_7512021.jpg

・奥穂高で休憩後ひたすら穂高岳山荘まで下山した。山荘に着いたのは17時であった。
ここで今晩泊まろうかと思ったが涸沢にテントも張ってあることだし遅くなっても大丈夫と思い下山することにした。
18時頃には辺りも暗くなりヘッドランプを点けて下山した。19時40分頃着いた。
テント場に着きしだい前日心配をかけたパトロール案内所を訪ね無事下山の報告をした。

翌朝またパトロール案内所に行き前日の山容をカメラのモニターで見てもらい結果の報告とした。
f0033831_7504613.jpg


・この前穂北尾根は山容を見ても分かる通り、のこぎりの歯のような山容で切立った岩場であり、一つ間違えばえば滑落死にいたります。

f0033831_751119.jpg

辺りの山山
f0033831_2155384.jpg

f0033831_2172891.jpg

f0033831_218150.jpg

f0033831_2182326.jpg

f0033831_21909.jpg

f0033831_21121082.jpg

・通常期の涸沢テント場はがら場の為涸沢ヒュッテでコンパネを仮りて設置しないと痛くて寝られない。但し枚数が限られている為早く着き確保してください。またテントに張るロープも岩に括り付けるため長めが良いですね。確保できない場合は涸沢小屋近くが石もすくなく張りやすいです。但しペグは必要です。

私の力量では前穂高北尾根をギアー(ロープ等を)持たないで登れる限界だと思います。
またこんな重いカメラを持って登る者もいないしょうね。
このカメラが無ければ4時間程度(写している時間も含めて)短縮できています。

・だけれど前穂高北尾根に登った達成感は良いものです。
本日はパノラマコースより屏風の頭に登り周囲の風景写真を撮った。
屏風の頭
f0033831_17381332.jpg

f0033831_6101643.jpg

屏風の耳
f0033831_6114369.jpg

屏風の頭から見た槍ヶ岳
f0033831_17411788.jpg

f0033831_8563651.jpg

f0033831_91365.jpg

f0033831_6143845.jpg

f0033831_6172230.jpg

f0033831_504788.jpg

f0033831_512222.jpg

f0033831_514853.jpg

f0033831_521330.jpg

f0033831_935526.jpg

f0033831_2148342.jpg

f0033831_21483756.jpg

f0033831_1802312.jpg

f0033831_1825028.jpg

前穂北尾根より見た富士山
f0033831_1852440.jpg

f0033831_1864015.jpg

f0033831_6422042.jpg

f0033831_639563.jpg
f0033831_06164259.jpg
















・topページはPCサイドバのカテゴリ()「アルプスを求めて」をクリックして下さい。

# by o-wxy | 2018-10-15 05:05 | (3)アルプスを求めて | Comments(0)

”美”前穂高北尾根(2回目)「美と美」「美と美と美と美と美」「美人美人」「自然の美と美」

”美”を求めて、前穂高岳北尾根補足版 「美と美」「美と美と美と美と美」「美人美人」「美人美人美」「自然の美と美」「自然とよが」「自然と紅葉」「自然をもとめて」「富士山求めて」「アルプス求めて」その他
”美”を求めて、「美と美」「美と美と美と美と美」「美人美人」「美人美人美」「自然の美と美」「自然とよが」「自然と紅葉」「自然をもとめて」「富士山求めて」「アルプス求めて」「山ガールを求めて」その他                                                     キヤノン1DX EF-70-200mm F2.8使用

・涸沢~前穂高岳北尾根~前穂高岳~紀美子平~奥穂高岳~奥穂高山荘~涸沢、-日のアタックです。

2015年9月27日 今年の秋は涸沢へ紅葉の写真を撮りに来たのだが何故か前穂高北尾根が目の前に聳え立つているので、ふとした気分でこの山に登ろうかと思い立った。昨年の秋は槍ヶ岳北鎌尾根に一人で登ったことだし、今年は前穂高北尾根に一人で登ろうかと思ったのである。

前穂高岳北尾根は以前3人で登ったが7年も経ち山の状況(落石等)が分からず、涸沢のパトロール案内所を訪ねることにした。
私が涸沢ヒュッテで借りたヘルメット(1日1000円)と普通の登山靴以外何も登山用具(ロープ、ハーネス、8カン、カラビナ、ハンマ、ナッツキスリングロープ等)を持たず、登りますと言ったものだから係員の方に幾度も「一人で登って滑落していても分からないので辞めるように」言われたが、私の意志が固いので、涸沢のテント場に設置してある私のテント(2日間2000円)に「帰って居なければ山から滑落していると思われるので捜索します、取りあえず登山届けを書いてから登ってください」と言われ登山届けに必要事項を記入してこの場を離れた。

2015年9月28日 登山当日は朝4時に起床し、重いカメラ約4kg(1DX,EF70-200mmF2.8LIS2USM他)と水2.5L、食料、アルミ製ビパック用寝袋、ダウンジャケット、ヤッケ等を大きな77Lザックに入れ防寒服に身を包み、4時30分より登り始めた。 朝が早く周囲も暗いためヘッドランプの明かりを頼りにガラガラの道を登りだした。

前穂高岳北尾根の5-6のコルに着いた頃には朝日も昇り辺りの山容は朝焼けとなり暫し見とれていた。
さあ今からこの山に登るのかと思いカメラで辺りの山容を撮ることにした。
光の当たり具合により山の景色も幾分か違って見える。

3人で最初この山に登った時は体と体とをロープで繋いで登ったんで恐怖感も感じないままに登ったが、今日一人で登るとなると何か複雑な気分である。

・涸沢側から見た前穂高北尾根
f0033831_4465279.jpg
f0033831_20064236.jpg

・手前より奥穂高岳方面、コルは穂高岳山荘、涸沢岳の順番です。
f0033831_738363.jpg

                ・北穂高岳
f0033831_8492511.jpg

f0033831_7381525.jpg

f0033831_7384876.jpg

f0033831_7401071.jpg

f0033831_2022940.jpg


f0033831_2024197.jpg

f0033831_2025610.jpg

f0033831_20274938.jpg

f0033831_20281624.jpg

            北尾根から見た涸沢の紅葉
f0033831_20302459.jpg

f0033831_20305892.jpg

              北尾根から見た槍ヶ岳
f0033831_20314313.jpg

f0033831_20324749.jpg

f0033831_20331142.jpg

f0033831_20341531.jpg

 ・奥又白池
f0033831_7473627.jpg

f0033831_7485359.jpg

f0033831_2035194.jpg

f0033831_20352081.jpg

f0033831_2036962.jpg

f0033831_20362410.jpg
この斜面を登ります。

f0033831_20384473.jpg

f0033831_20365273.jpg

f0033831_20394418.jpg

           ・・、北尾根から見た涸沢岳
f0033831_20412176.jpg

     北尾根から見たジャンダルム
f0033831_20415930.jpg

f0033831_20441021.jpg

  中央は奥穂高岳
f0033831_2045718.jpg


f0033831_20422014.jpg

f0033831_20424721.jpg

f0033831_18464717.jpg

f0033831_2045378.jpg

f0033831_20461484.jpg


・この急な斜面を登ります
f0033831_20464010.jpg

f0033831_20471664.jpg

f0033831_20475020.jpg

f0033831_20481319.jpg

・ー般の登山者が登る3峰の核心部分であるチムニーは登らず、涸沢側の絶壁を登った。
f0033831_2049884.jpg

f0033831_20493363.jpg

             北尾根から見た槍ヶ岳
f0033831_2138469.jpg

前穂北尾根から見た槍ヶ岳
f0033831_18392436.jpg

f0033831_21393938.jpg

f0033831_21401032.jpg

f0033831_21414851.jpg

f0033831_21421150.jpg


・この絶壁を降ります、足のかかりしろが極わずかで足を滑らしてよく滑落事故の起こる場所です。
ハーネス、8カン、ロープ、カラビナ等のギアが有るとより安全に下降できます。
f0033831_7491245.jpg

f0033831_7492996.jpg

・この山には所所にハーケンやナッツを取り付けてあるがマーキングなど一つも無く、登山用具を持参しておれば楽に登れる所も何も持っていないので、登ってはだめで引き返し、また違ったルートを探して登るのがいっぱいの状況なので、引き返すのも大変で、まるで絶壁の迷路である。

涸沢側及び尾根筋を登搬時、斜面が急で岩のクラックに手、足を入れたり、足の膝を使って登っているので片手でこの重い望遠レンズ付カメラで風景を写す余裕も無く写真は撮れていない。

一般の登山者が登る3峰の核心部分であるチムニーより難しい東壁ルートを登らざるえないからである。
また登ったという証拠写真を撮るためポイントポイントでザックよりカメラを取り出し風景を撮った。
大きなピークを3座登り降りして前穂高岳の頂上に着いた。
f0033831_7494515.jpg

f0033831_635276.jpg

ここで-体みしこれより紀美子平まで下山して、またここから吊尾根を通り、今までより高い奥穂高岳のアプローチをひたすら登るのである。
f0033831_17553726.jpg

f0033831_18411483.jpg

f0033831_5424082.jpg

新しくなった奥穂高頂上の祠
f0033831_7501167.jpg

・昨年奥穂高岳の頂上にあった木製の社が今年御影石製に変更されていた。
f0033831_7502747.jpg

・よく登った私の好きなジャンダルム
f0033831_7512021.jpg

・奥穂高で休憩後ひたすら穂高岳山荘まで下山した。山荘に着いたのは17時であった。
ここで今晩泊まろうかと思ったが涸沢にテントも張ってあることだし遅くなっても大丈夫と思い下山することにした。
18時頃には辺りも暗くなりヘッドランプを点けて下山した。19時40分頃着いた。
テント場に着きしだい前日心配をかけたパトロール案内所を訪ね無事下山の報告をした。

翌朝またパトロール案内所に行き前日の山容をカメラのモニターで見てもらい結果の報告とした。
f0033831_7504613.jpg


・この前穂北尾根は山容を見ても分かる通り、のこぎりの歯のような山容で切立った岩場であり、一つ間違えれば滑落死にいたります。

f0033831_751119.jpg


・通常期の涸沢テント場はがら場の為涸沢ヒュッテでコンパネを仮りて設置しないと痛くて寝られない。但し枚数が限られている為早く着き確保してください。またテントに張るロープも岩に括り付けるため長めが良いですね。確保できない場合は涸沢小屋近くが石もすくなく張りやすいです。但しペグは必要です。

私の力量では前穂高北尾根がロープ等を持たないで登れる限界だと思います。

またこんな重いカメラを持って登る者もいないしょうね。

このカメラが無ければ4時間程度(写している時間も含めて)短縮できています。

・だけれど前穂高岳北尾根に登った達成感は良いものです。

本日はパノラマコースより屏風の頭に登り周囲の風景写真を撮った。

                          屏風の頭
f0033831_17381332.jpg

f0033831_6101643.jpg

屏風の耳
f0033831_6114369.jpg

  ・屏風の頭から見た槍ヶ岳
f0033831_17411788.jpg

f0033831_8563651.jpg

f0033831_91365.jpg

f0033831_6143845.jpg

f0033831_6172230.jpg

f0033831_504788.jpg

f0033831_512222.jpg

f0033831_514853.jpg

f0033831_521330.jpg

f0033831_935526.jpg

f0033831_2148342.jpg

・涸沢ヒュッテ側から見た涸沢
f0033831_21483756.jpg


f0033831_1825028.jpg


・前穂高北尾根から見た富士山
f0033831_1852440.jpg

f0033831_1864015.jpg

f0033831_6422042.jpg

f0033831_639563.jpg

・topページはPCサイドバのカテゴリ(8)「美と美」をクリックして下さい。

# by o-wxy | 2018-09-28 05:05 | (8)美・美人美人・美と美と美と美と美 | Comments(0)

「美」求めて、「美人を求めて」「美人美人」「美人美人美」「日本の美を求めて」

美、美と美、美と美と美と美、美と美と美と美と美、自然とよが
topページはカテゴリの⑧美と美をクリックして下さい。

美について一言
若い時の綺麗は当たり前ですね。


その当たり前の時に標準体重以下の人がダイエットをすると、若さも途中で折り返しとなるために早く老けます。このダイエットもマスコミの影響で若年齢かしています。


山で例えると、山の頂上まで登らず、中腹で折り返ししたのと同じです。
山が高ければ裾野も広いですが、山が低ければ裾野も狭いのと同じですね。


若さを長く維持するには幾つかの条件があります。

1.食事のバランスが良く、暖かい(自分の体温以上の)食事をよくかんで食べる。また、均等になるように摂取する)。


2.睡眠を8H程度とる。


3.ストレスを溜め込まない。


4.規則正しい生活を心掛ける。


5.スポーツをやり、汗をかく。(スポーツにもいろんな競技がありますが、お勧めは水泳が良いですね)。


6.風呂は、ぬるま湯(夏場は36℃、冬場は39℃程度)で20分以上風呂蓋を首の辺りまで覆い、浴槽で少し眠くなるまで浸かる。風呂蓋を首元まで覆うことにより、首と風呂蓋の隙間から漏れる適度な蒸気が顔面にあたり、美顔効果があります。 冬場は風呂から上がり体が冷えないうちに、すぐに寝ましょう。コタツも要りません



このテーマの代表みたいな人は、日本女子水泳界の第―人者である寺川選手です。彼女は28歳でオリンピック女子背泳ぎの銅メダリストで知られています。また、美貌の持ち主でもあり、モデルの仕事もしています。彼女の若さのピークは28歳を通りこしていることからも分かります。
普通の女性の折り返えしのピークより随分高い所にあります。



あの彼女がダイエットしていると思いますか、誰も思いませんよね。一日6食で6000カロリー程度摂取していますが、均整の取れた身体です。


寺川選手みたいに6000カロリーを摂りなさいとは言いせんが、バランスのとれた食事を摂り、水泳をすると美貌を長く維持できます。(管理栄養士が書いた本を参考にし、偏りのない献立を心掛けましょう。)


・太りたいかたの食事

代表はやはり力士でしょうね。

彼らは一日2食で7000~9000の高カロリーを摂取しています。

何故ふとるのでしょうか、それは一度にたくさんの食事をし、直ぐ寝るためでしょうか、健康の為に良くありませんね。


・背泳ぎは陸上競技に比べて、水の浮力で身体を支える為、身体(特にひざ、関節)への負担が少なく、また身体をねじる動作や水の抵抗で身体に付いた余分な脂肪を低減し、引き締まった身体になります。さらに水で保湿されている為、肌も他の競技に比べても良いですね。


・・一流の競技選手には、専属のトレーナや管理栄養士が付いて指導しています。 選手一人の能力だけではとても一流の選手になれません。 食事療法を変えるだけでも随分成績が違うと言われています。

・人間の身体の70%(注)程度は水分で、後カルシューム,ミネラルとタンパク質で大まかできています。 野菜ばっかり食べても綺麗になりません。 タンパク質の不足した人の肌は張り・つやがすくなく、健康な人に比べて体温も低いです。 バランスが大切です。(注)水分量は年齢により変る。 若いと多く、年寄りほど少ない

・朝、昼はエネルギーの基になる炭水化物を多めに摂取しますが、夜は寝るだけなので少し控えめにし、タンパク質を摂取しましょう。


・冬場短パンやスカート姿の人は身体が冷えて腸機能の低下により、消化不良
下痢を起こす人もいます。


・・冷え性や肩こり、胃下垂の人は是非水泳をやってください。水泳をすることにより身体の新陳代謝も良くなり、食欲も増してきます。寺川選手のように均整の取れた身体になり、冷え性も徐々に改善されます。


# by o-wxy | 2018-07-07 07:07 | (8)美・美人美人・美と美と美と美と美 | Comments(0)

日本の美を求めて、日本美を求めて

美、美と美 topページはPCカテゴリの⑧(美と美)をクリックして下さい。

・日本の美を求めて  つづき

結婚して子供を授かると企業の託児所に預けて仕事が出来る環境整備が早急に必要です。

また、国も会社も、個人に何等かの援助が必要ですね。

   ・ 独身のキャリアウーマンも若い時は気楽に自分の給料で好きなブランドの宝石や服を集め、着飾っているでしょうが、いったん災害にでも出くわすと何も持ち出せず、何も残りませんね。災害に合って初めて今までの私の人生は何だったのだろうと言う失望の言葉だけ残ります。ある年齢に達すると自分の両親、いとこ達も徐々にいなくなり、また話し相手も少なくなってから「私に子供(家族)がいたら」なっと後悔する人がよく口にする言葉です。

・若い時の結婚観は背が高くて鼻が高くてハンサムな外人に憧れ、結婚して外国で暮らしをしたのは良いが、日本の核家族と違い、夫の面倒の他に自己中の大家族の面倒(まるで家政婦みたい)で体力的(自動洗濯機・自動洗浄機も無く、文明の力で過ごしてきた人に取って)に、精神的に疲れ果て離婚する人が多いです。 (聞くのと行くのとでは大違いみたいですよ)また離婚して子供を引き取るにも夫が拒否すれば法律の関係でできない国も現実にあります。(人身売買される可能性もあります。聞いた話によると日本人の子供は高く売れるらしい)。生まれた子供の将来も考えて一度人生のシミュレーション(PDCA)をやってください。リスク管理が大切で、将来起こりうるリスクを拾い出し、正しいかどうか評価して悪い所は是正しないと失敗します。特に混血の女の子の場合、娘に一生恨まれる可能性もあります(和服もにあわないしね)。また帰国しても両親に反対されて結婚した場合は居場所もなくなります。後戻りはできないので十分注意してね。家族と離れて、また日本を離れて、日本を見ると良さが再認識されます。それでは遅すぎます。

都会で今結婚する人の10人に一人は外国人と結婚しています。        特に日本人の女性と外国人の男性が圧倒的に多いです。外国語大学の学生の約7割は女性からしてもわかります。発想の転換ですが、何故外国人の男性が日本の女性を求めるのでしょうか考えてください。それは自分より色が白い、気立てが良い、思いやりがある、我侭も聞いてくれる等、外人に無い日本人特有の性格だと思います。 外人の友達は見識を深める為に良いですが、結婚は日本人同士でしてくださいね。 予断ですが、一年に国際結婚するカップルは2万組います。その内7割が離婚しています。これでいいのでしょうか。 ・今自分がこの世に存在するのは、約3億人(計算上)もの先祖様がおられると言う事を自覚して行動してね。   後悔しない幸せな人生をお祈りします。

f0033831_12553791.jpg


# by o-wxy | 2018-05-05 05:54 | (8)美・美人美人・美と美と美と美と美 | Comments(0)

”美”桜と紅葉を求めて 「美と美」「美と美と美と美と美」「美人美人」「自然の美と美」

”桜・紅葉美”を求めて、「美と美」「美と美と美と美と美」「美人美人」「美人美人美」「自然の美と美」「自然とよが」「自然と紅葉」「自然をもとめて」「富士山求めて」「アルプス求めて」その他
f0033831_06155630.jpg

f0033831_18130640.jpg
f0033831_18140892.jpg
f0033831_18134075.jpg
f0033831_18132642.jpg

f0033831_1641428.jpg

f0033831_16421677.jpg

f0033831_16424850.jpg

f0033831_16513212.jpg

f0033831_16444584.jpg


f0033831_16452563.jpg

f0033831_16455338.jpg
f0033831_06550981.jpg
f0033831_06542478.jpg

f0033831_16463615.jpg

f0033831_16471084.jpg

f0033831_16474630.jpg

f0033831_16483550.jpg

f0033831_16492113.jpg

f0033831_5212640.jpg

f0033831_5221925.jpg
f0033831_18334738.jpg
f0033831_19492414.jpg
f0033831_19033065.jpg
f0033831_20124176.jpg
f0033831_20132825.jpg
f0033831_18250125.jpg
f0033831_07453258.jpg
f0033831_20142557.jpg
f0033831_20260696.jpg
f0033831_20215121.jpg
f0033831_07250621.jpg
f0033831_20124176.jpg
f0033831_20185069.jpg
f0033831_20162115.jpg
f0033831_20165391.jpg
f0033831_19305489.jpg

f0033831_5485031.jpg

f0033831_5493958.jpg

f0033831_5502270.jpg


f0033831_552598.jpg

f0033831_5523856.jpg




















・topページはPCサイドバのカテゴリ(8)「美と美」をクリックして下さい。

# by o-wxy | 2018-04-15 05:15 | (5)自然とよが(究極のよが) | Comments(0)

茶道「美」「美と美」「美と美と美と美と美」「美人美人」

「美と美」
「美人美人」
「美人と美人」
「美人美人美人」
 茶道「美」
f0033831_20364258.jpg

この「美人美人」「美人美人美」「美人美人美人」の他にも、googleには「美よがと美」「自然美人」「自然の美人と美人」「美をもとめて(美と美)」「行場行場」「自然の行場」「自然ヨガ」「自然と行場」「自然の美をもとめて」「美人をもとめて」「前穂高求めて」「自然のヨガ」「行場をもとめて」「自然をもとめて」「屋久島散策散策」「自然と美人」「自然と行場」「自然の美もとめて」「アルプス求めて」「自然と美と美人」「富士山求めて」「美をもとめて」「美人美人もとめて」「行場と行場」「自然と美をもとめて」「究極のヨガ」「紅葉求めて散策」「自然美人もとめて」「自然と美人をもとめて」「紅葉の美を求めて」「前アルプス求めて」「自然の美人を求めて」「美人美人求めて」「富士山散策散策」「自然の行場求めて」「奥穂高岳散策」「自然もとめて」「前穂高岳求めて」「アルプスを散策」「自然もとめて」「北穂高岳散策」「富士山散策」「自然をもとめて」「行場散策」「行場の行場」「自然と美人美人美人」「美もとめて」「行場をもとめて」「自然と行場」「自然の美もとめて」「自然行場」「槍ヶ岳散策」「自然の行場」「自然と美求めて」「自然の紅葉求めて」「自然美人と美人美人」」「涸沢を散策」「美人美求めて」「ジャンダルムを求めて」「美求めて散策」「自然と美人」「前アルプスの散策」「自然の美人」「屋久島を求めて」「行場を散策」「自然の美人もとめて」「美人美美人美」「自然を散策」「自然とヨガ」「美人美人美をもとめて」「自然の紅葉をもとめて」「行場」「自然の美と美」「究極の自然の美を求めて」「大自然求めて」「行場の行場」「自然の紅葉」「行場 行場行場」「」「行場行場」」「自然と美人と美人美人」「美人美」、2p「」「屋久島の温泉」「」のページの他に150件以上掲載されています。         右側の掛け軸は「伊藤若沖」の作品です。
f0033831_1521710.jpg

f0033831_630574.jpg


茶の心(吾れ誰足ることを知る)
この言葉の意味は龍安寺の蹲の表示を参照して下さい。
f0033831_1922765.jpg

f0033831_20294265.jpg

f0033831_1914754.jpg

f0033831_1912727.jpg

f0033831_18291288.jpg


f0033831_1905414.jpg

f0033831_18521941.jpg


8.
f0033831_1902921.jpg

9.
f0033831_190676.jpg

私のー言
・雑念から離れ、無我の境地に身を委ねてお茶を点てる姿は良いものです。
・自信の無い人がお点前を披露すると、得てして背筋が曲がり、腕が下がりすぎてスケールが小さく、周囲を気にして間がなく、テンポも速く、また無駄な動きも多いものです.
(8、9の場面では大きな丸い風船をだかまえる様な感じで行うと、着物も引き立ち自分も引き立ちます。またその反対の事も言えます。)  ・貴女のお点前は澱みなく流れる川のように、まるで鶴が翼を広げて舞うが如く優雅で気持ちの良いお点前でしたネ。
また、そのお着物も貴女に良く似合っています。 貴女のその美貌で多くの人にお点前を差し上げて下さいネ。      
さぞかし癒される方も多いことでしょう。                          でわでわ
f0033831_9123599.jpg

f0033831_913121.jpg

f0033831_9133086.jpg

f0033831_16371481.jpg

f0033831_6272615.jpg



topページはカテゴリの(8)(美と美)、龍安寺は(2)(自然を求めて)をクリックして御覧下さい。
# by o-wxy | 2018-03-03 03:33 | (8)美・美人美人・美と美と美と美と美 | Comments(0)

”美”求めて 微笑みをあなたに 笑顔を求めて  八坂庚申堂

美・「美を求めて」「美人を求めて」「屋久島を求めて」「行場を求めて」「自然を求めて」「紅葉を求めて」「富士山を求めて」「自然とよが」(よがを求めて)「アルプスを求めて」「微笑みを求めて」 canon 1DXMarKⅡ使用 EF-35mm F-1.4使用
f0033831_06360383.jpg
f0033831_06322551.jpg


f0033831_05152130.jpg


f0033831_06335298.jpg


f0033831_06341688.jpg


f0033831_19595424.jpg


f0033831_06350355.jpg
f0033831_06353069.jpg
f0033831_06341688.jpg
f0033831_06364600.jpg
f0033831_06385040.jpg
f0033831_07172591.jpg
f0033831_06272255.jpg
f0033831_05501739.jpg
f0033831_07393152.jpg
f0033831_07394621.jpg
f0033831_06394433.jpg
f0033831_06400220.jpg
f0033831_06402361.jpg
f0033831_06404545.jpg
f0033831_06410644.jpg
f0033831_06414725.jpg

f0033831_06253797.jpg

庚申さんは、みんなが良い人になるように、みんなが悪い心を起こさないように怖い顔をしています。
f0033831_05003616.jpg
f0033831_06343576.jpg
f0033831_07174595.jpg
・くくり猿 猿は別名えんとも読みます。 5つの猿がならんでいるので5猿(えん)がありますように。手足を縛られて動けなくなり、災いを封じ込めされた猿。 災いが猿ように、また、良い猿(えん)がありますようにとの願いを込めて軒下の縁に猿が結ばられています。猿を結ぶで縁結び。しゃれのかたまりですね。以前の庚申堂は猿を5猿で吊っていたでしょうが、近年の賑わいで吊るすところが無くなり今の状態になったと考えられます。

くくり猿に願い事を託して、それを叶える秘訣は、欲を一つ我慢することです。
f0033831_04495098.jpg
f0033831_06471865.jpg


f0033831_06473467.jpg


f0033831_06475628.jpg


f0033831_06481158.jpg


f0033831_06550205.jpg
f0033831_06483541.jpg
f0033831_06484785.jpg
f0033831_05040430.jpg
f0033831_06490908.jpg
f0033831_06493470.jpg
f0033831_05033222.jpg
f0033831_06495889.jpg
f0033831_06501206.jpg
f0033831_06540393.jpg
f0033831_06503273.jpg
f0033831_06504301.jpg
f0033831_06505474.jpg
f0033831_06512536.jpg
f0033831_05245809.jpg
f0033831_05243198.jpg
f0033831_05244711.jpg
f0033831_06514235.jpg
f0033831_06520148.jpg
f0033831_06521483.jpg
f0033831_04495098.jpg
f0033831_08292595.jpg
f0033831_06155630.jpg
f0033831_20225950.jpg
f0033831_06591586.jpg
f0033831_20063508.jpg
f0033831_06212945.jpg
f0033831_18064836.jpg
f0033831_05023465.jpg
f0033831_06161722.jpg
f0033831_06155630.jpg
f0033831_05462947.jpg
f0033831_19512978.jpg
f0033831_20055595.jpg
f0033831_19520618.jpg
f0033831_08290427.jpg
f0033831_05163737.jpg
f0033831_04484301.jpg
f0033831_05020595.jpg
f0033831_05013718.jpg
f0033831_05001574.jpg
f0033831_05144468.jpg
f0033831_05170002.jpg
f0033831_06310338.jpg
f0033831_06523177.jpg
f0033831_07411825.jpg

f0033831_05213616.jpg
f0033831_05524182.jpg

# by o-wxy | 2018-02-02 02:02 | (8)美・美人美人・美と美と美と美と美 | Comments(0)

自然とヨガ

自然とヨガ
f0033831_9331157.jpg

自然を求めて
ラブラブのインコにやきもちをやく、もてないインコ。
f0033831_6115675.jpg

・見つめあうインコ。
f0033831_5462619.jpg


f0033831_7522914.jpg


・梟。
f0033831_6404435.jpg


f0033831_100788.jpg


f0033831_1004172.jpg


f0033831_101930.jpg
f0033831_06082211.jpg

・柿食うめじろ。
f0033831_752481.jpg

・食事中。
f0033831_1654289.jpg

f0033831_1662557.jpg

・ハトと桜
f0033831_20404532.jpg

・西部林道のサル。
f0033831_1810122.jpg

・亀の上に亀君。
f0033831_7253540.jpg

・寺の石段を無理やり降りて、亀になった車。
f0033831_21215469.jpg

・しばし休憩のかえる君。
f0033831_1913554.jpg

・竹の子
f0033831_2123426.jpg

f0033831_2123353.jpg

・屋台のチクワを万引きして逃げるねこ。
f0033831_19432096.jpg


・鳥たちの戯れ。
f0033831_10373976.jpg


・にげるカモ、おいかけるカモ。
f0033831_1625149.jpg


f0033831_21115070.jpg

・羽ばたき。
f0033831_14423518.jpg


f0033831_14434152.jpg

・カモの行動
f0033831_8381480.jpg

f0033831_8384672.jpg

f0033831_839524.jpg

f0033831_839385.jpg

f0033831_8402733.jpg

f0033831_8404839.jpg

人目をきにせず、散歩するぶた君。
f0033831_7465227.jpg


f0033831_7481063.jpg


・オシャレな犬君。
f0033831_531096.jpg

f0033831_5314339.jpg

f0033831_5324552.jpg


f0033831_13565947.jpg

f0033831_13572851.jpg


f0033831_10423936.jpg

f0033831_1043112.jpg

・亀のよが
f0033831_10411246.jpg


・ハト君のお楽しみ。
f0033831_19571555.jpg

f0033831_19574196.jpg

f0033831_1958110.jpg

f0033831_19582295.jpg

・ハチ
f0033831_19592111.jpg

・桜とハトの花
f0033831_8362070.jpg


f0033831_203545.jpg


f0033831_2042520.jpg


f0033831_2045645.jpg


f0033831_1710215.jpg


f0033831_17113461.jpg


f0033831_558175.jpg

・犬も人間の目線で。
f0033831_162346.jpg

f0033831_5585767.jpg

・紅葉と戯れる鯉。
f0033831_1563652.jpg

f0033831_1572899.jpg

f0033831_1841928.jpg

・タワワちゃんも美容水がお気に入り。
f0033831_19483284.jpg


f0033831_19485918.jpg

PCサイドバのカテゴリ「設定」の5「自然とよが」、2「自然をもとめて」をクリックしてください。そうすれば連続で御覧になれます。

またこの「自然ヨガ」の他に、googleには「行場」「自然とよが」「美よがと美」「自然の美人を求めて」「自然を求めて」「屋久島散策散策」「美人を求めて」「よがと美」「行場を求めて」「自然と行場」「野山の散策」「紅葉を求めて散策」「美を求めて」「前穂高散策」「大自然求めて」「アルプス求めて」「自然とヨガ」「富士山求めて」「自然の美人」「自然の美を求めて」のページの他に、400件以上掲載されています。
# by o-wxy | 2018-02-01 23:58 | (5)自然とよが(究極のよが) | Comments(0)

美、私の一人言「美と美」「美と美と美と美と美」

私の一人言 首筋及び肩こりの原因及び改善方法  日常生活において肉体労働の人はあまり起こらないが、デスクワークの仕事をする人とか、よく内職する人に起こるものですね。
1.原因は、継続的な姿勢の悪さです。
(例)腕のひじを伸ばして2Lのペットボトルを下記の方法で持って下さい。
(1)水平な状態 (2)45度の状態 (3)垂直な状態
どの状態が一番きついですか、そうです、(1)ですね。 同じ2Lのペットボトルを手で持つにしても、支える角度が水平に近い程、重く感じませか。
水平な状態と垂直な状態では、2Lのペットボトルと腕の荷重に引張力が加わり約2倍ものモーメントが首筋、肩に作用しています。(但し、称条件は無いものとして)
頭も垂直な状態(係数値1.0)から水平な状態(係数値約2.0)に近づくとその重さに耐えるだけの引張力が首筋や支点となる肩に働き,筋肉の収縮がこりの原因になるのでしょう。また、ストレスが大きければ大きいほど、また持続時間が長いければ長いほどこりも酷くなります。(頭の質量は約4~5キログラム程度)
2.改善方法(1)できるだけ同じ姿勢でいない。(2)適度な運動を取り入れ、身体をリラックスさせる。(3)できるだけ頭の位置を垂直に、又背骨の状態も曲げないように心掛ける.
冷え性についての原因及び改善方法
・・なぜ冷え性がおこるのでしよう。それは運動不足、食生活の偏り及び栄養不足、自分の体温より冷たい物を好んで食べています。日常生活のアンバランスから起こるのでしょうか。 今まで私が調べた結果、冷え性の人程入浴時の湯の温度が高いことが分かりました。冷え性の人程湯の温度に鈍感になるらしく、高い湯温を好むようになります。最も高い湯温に入っている人は48℃でした。大変危険です。高い湯温を好む人は身体の油分も少なくなり、肌もかさかさになります。また、高い湯温で頭の髪を洗うため髪もパサパサになり、髪のつやも失われます。(予断ですが、油分は肌の保湿のためにあるので、石鹸で必要以上に油分を落とすと肌が乾燥し、老人の肌のようになります。赤ちゃんは入浴時、温ま湯で石鹸も使わないので保湿されていて肌もスベスベです。)冷え症が改善されると、血液の循環も良くなり、また臓器の働きも改善されて体温も上がり健康身体になります。(冷え性症に成ると、代謝機能が弱くなり、免疫力が低下するので、癌などの病気に成りやすく、また治りも中々です。)
(1)食生活での原因として 日常の食生活において下記の事が考えられます。
・寒いかっこうで過ごす。 ・生野菜をよく食べる。(身体を冷やす)
・南方地方で取れる果物をよく食べる。(南方地方では、身体を冷やすのに良いが)
・白い物をよく食べる。(乳製品、ヨーグルト等は身体を冷やす)
・濃い緑茶をよく飲む。病気の時の熱さましには良いが(利尿作用の為)
(2)改善方法として
・出来るだけ根菜類(ニラ、玉ネギ、ニンニク、ゴボウ、生姜、レンコン、ヤマイモ、ニンジン、ゴボー等) 黒豆、ゴマ、リンゴをよく摂り、冷たいものはなるべく控える。もし食べるときは自分の体温より暖めてから食べると消化も改善されます。(玉ネギ、ゴボーを水にさらすと養分が失われます。また、さらした水は別の料理に使ってください。)
椎茸の芯も捨てずに、指で縦に裂いて使用してこださい。(スルメを裂くように)また、キャベツ等の野菜の芯も山小屋ではマッチの軸のように刻みゴボウのようにあえ、ゴマなどを加えて食べています。 捨てる所もありませんし、ミネラルも多く、調理の工夫しだいで美味しくたべられます。 私も実践しています。(椎茸は茎の太くて白いものが美味しいです。) ・トマト、ヨーグルト等も温めてから食べましょう。
・緑茶の代わりに温かいウロン茶、紅茶に生姜を入れて飲みましょう。
・硬い食べ物をよくかんで食べる。(柔らかい食べ物はなるべくひかえる。)
・野菜類を先に食べ、次に肉、魚類を食べ、最後にご飯などの糖類を食べます。
・食事の偏りを防止するため、肉、魚などローテイションを組み、食材の偏りの無いように心 掛けま しょう。また、調理方法も変えてみるのも良いと思います。
(4)日常生活における改善方法 ・体温も身体の部分により異なります。体温は心臓からとうざかるに従い低くなります。即ち右足が一番低くなります。 血液は下半身で冷やされ、低くなった血液がまた心臓に戻って来るので、下半身を暖めなければ体全体の体温も中々上がりません。また、薄着をすると、体温を上げる為にカロリーが必要とになります。それなのに食事制限をすると余計に冷え症になります。(下半身を暖めましょう。)・冬場でもタンパン姿の人を見かけます。(例)が悪いですが、保温釜の蓋の開いた状態の人がタンパン姿で,ズボン姿の人が保温釜の閉まった状態と考えた場合、蓋の開いたタンパン姿の人は常に熱を失っていますので中々温まらず、温まってもすぐ冷えます。冷えるぶんだけ,保温されているズボン姿の人より余計にカロリーを摂取せねばなりません。それをしないから余計に冷えた身体になっています。保温された状態のズボン姿人は少ないカロリーでもタンパン姿の人より暖かいです。(冬場は特に、マフラー、手袋、マスク、ロングコート等で身体を温めましょう。)
・・スポーツ選手及び肉体労働者(鳶職)は年中薄着をしています。あの方達は常に全身を使って身体を動かしているので、身体全体で発熱されています。だから基礎体温も高く、あの薄着姿でも寒くはありません。・・改善として ・運動をして身体の発熱に必要な筋肉をつけましょう。
・さらさらな血液になるように心掛けましょう。(食生活で)
・水分(2L)をよく取り、身体を常に動かし、血液の循環を良くしましょう。(年を取るに 従い体の水分量も低下し、低下した分だけしわとなって表れます。)
・今自分の体の水摂取量の目安は運動の後、薬の摂取等を別にして、黄色の小便でなく、水に 近い程良いです。もし黄色見が多ければ、水分量が足らないか病気です。 ・2Lの水を飲 めない方は、鍋物の食事で補いましょう。 ・特に夏場の冷房に注意しましょう。 ・夜更かしを無くし、規則正しい生活をしましょう。 ・好き嫌いを無くし、バランスの良い食事をしましょう。 ・運動の後、30分以内に食事を取りましょう。 ・食事は寝る3時間前に取り、寝る前にお風呂(湯温39℃前後)に長く入りましょう。(冬場コタツも要りいません。)夏場は風呂に入ったの後、食事をしましょう。
・洗髪に付いてー言 ・下界の人は毎日裕福に使いたいだけお湯を使い、使いたいだけドライヤで髪を乾燥していす。普通の人は最初に髪を洗ってから湯船につかるので、放置した時間だけ髪は水分を吸収し、髪も若干太くなります。 太くなればそれだけ乾燥さするのに熱も時間も要します。それが髪を傷める要因の一つです。(もう一つは洗髪時に髪と髪をこすって洗うとキュちティクルが痛み髪の光沢も少なくなります。)標高の高い山小屋で働く彼女達は限られた日に、限られた時間に、限られたお湯で洗髪せねばなりません。それも週に2日程度の入浴しかできません。でも彼女達の髪の毛は下界の人程痛んでいません。それは入浴時間が限られているので洗髪時間も短く、素早くタオルで水分を取り、自然乾燥するからだと思います。即ち、下界の人もお風呂から上がる直前に洗髪するのが理想的だと思います。
鼻水について私のー言 ・鼻水が出る方は鼻をかんだ後、イソジンうがい薬を綿棒に十分に染み込ませて、鼻の奥まで入れてやると、一瞬に鼻の通りが改善され増す。お試し下さい(成人に限ります)
# by o-wxy | 2018-02-01 10:58 | (8)美・美人美人・美と美と美と美と美 | Comments(0)

美、過度のダイエットによる身体への影響について「美と美」

私の一人言
 マスコミで今流行のダイエット食品(サプリメント等)は多少の体重の抑制には良いかもしれませんが、過度に使用すると思わぬところに弊害を起こします。
本人の知らぬままに弊害(薬害)で肝臓機能障害、腎臓障害を起こし、後々身体に異常をきたします。
 若い女性には、将来子供が欲しい時に、妊娠ができなくなったり、生まれても奇形児が誕生する確立も高くなります。また、閉経も早まり早く老けるなどの弊害が考えられます。

 人間は本来生活して行くうえで、文化の発達していない貧しい発展途上国の人は肥満などありえませんね。それに反して文明国の人はどうでしょうか、かなり肥満の体系をした人が多いですよね。
文明が発達すると電化製品が生活の中に巾をきかせ、機械が人間の変わりに身の回りをします。生活する上で、何かにつけてボタン1つで済ませ、体を動かすきかいもずいぶん減りましたね。
これがそもそも肥満の根源です。
鈍った身体(携帯電話とかパソコンの使用で)は誰も面倒みてくれません、少しずつ身体を動かしてみませんか、一番良いのは近くにある階段を2、3段毎に上がるのが良いみたいです。ダイエットでは得られない、足首は細くなりヒップもそれなりに引き締まってきます。その次は野山の杉、檜林に身を委ねてみませんか。また森林欲は空気もきれいで、山や渓谷など移り変わる景色を見ているだけで何とも良いさわやかな気分になりますし、リラクゼーションもできます。
何よりも薬に依存しなくなり、贅肉も少なくなり、引き締まった健康体になります。

・骨を作るからと言って幾らカルシュムだけ摂取しても骨になりません。そこには、ビタミンDが必要になります。ビタミンDとカルシュウムが結合して初めて骨が形成されます。偏った食生活(食材の組み合わせが悪い)は食べる量が少なくても太ります。量が少代多くてもバランスの取れた食事をしているほうが太りません。 主食を幾らへらしても、間食すると何もなりません。
・カロリーを気にするより、足りない栄養素(栄養不足)を補うほうが太りません。
・偏食を避け、常に暖かい食べ物を食べ、身体を冷やさないように心掛けましょう。
・簡単な(例)として、自分が50Lで37℃の湯とした場合に、1Lの5℃の食べ物と、1Lの50℃の食べ物を食べるとどちらが身体の体温を上げ、下げするか考えれば分かると思います。 体温は年中一定の36度5分程度です。(冬場は体温を維持する為のカロリーと生活する為のカロリーが必要です。)

・血統値が上がりインスリンが分泌されると脂肪より糖質を優先的にエネルギーとして消費するで、脂肪は落ちません。脂肪を減らすには、必要以上の糖質をなるべく減らす。糖質を摂取しないと肝臓が自然にアミノ酸などからブドウ糖を作りだしますし、糖質の代わりに脂肪がエネルギーとして消費されます。
また、高タンパクの卵2個と週4日の鳥、肉類,魚は1日に必要なエネルギーを補充するために不可欠です。糖質を制限しているために、肉・鳥肉、魚を食べている間も体は脂肪を燃焼しているので太りません。食事はバランスが大切です。

・シンクロナイズスイミングをやっている女子のオリンピック選手のカロリ-接収量は一日6食で、6000カロリー摂取しています。あの均整の取れた身体で、無駄な脂肪は付いていません。(オリンピック選手は6000カロリ-を消費するだけの運動量が必要となります。同じ量を一度に多く食べるよりある程度間隔を開けて、分けて食べるほうがいいですね。

肉食について一言
・肉食は得てして太ると思われがちですが、自然に生息する野生の動物の中に肉しか食べない,  例えばチータ、ヒョウ等は太っていません。 人間が太るのは人工的に品種改良された脂肪ののった霜降りの肉を好んで食べるから太るのであって、チータ、ヒヨウ等が好んで食べる草食動物は脂肪がそんなに付いていないので、チータ、ヒョウ等が食べても太っていません。 また、狩をするため、常に動いているので太らないのでしょう。
ファーストフードのハンバーグ等を控えて、脂肪の少ない赤身の肉を食べてください。

・ほうれん草、小松菜などの緑野菜も接収して下さい。 生野菜ばかり摂取すると体を冷ます。 冬場は水炊き、すき焼、ちやんこ鍋等の身体を温める食べ物が理想ですね)
補足、頭を良く使う方は頭の働きを良くする、スイーツを食べてから勉強するといいですよ。
・山などに行かれる場合は、反対に糖質を主に考えないとエネルギ不足になりだめです。
・できるだけ小麦類など太る食材を控え、手打ち蕎麦(ビタミン、ミネラル、植物繊維が多い)など食べても太りにくい食材が良いですよ。
(うどん専門店の店長と蕎麦専門店の店長のどちらがスマートか見れば納得できるでしょう。)

・・健康管理で一番重要な事は日頃の体重の管理でなく、定期的に血液検査を行い、値が正常範囲内なのか、またそうでないのかを確認し、何か値の悪い所が見つかれば早期に対処するのが先決ですね。
理想の体重の計算方法は下記の通りです。参考にして下さい。

(例)160cmの人は、1.6×1.6×22(係数)=56.32kgが理想の体重です。
# by o-wxy | 2018-02-01 10:57 | (8)美・美人美人・美と美と美と美と美

”美” 一寸一休み「美人美人」「美人を求めて」「美を求めて」「自然を求めて」「アルプスを求めて」「自然の美と美」

美・「美を求めて」「美人を求めて」「屋久島を求めて」「行場を求めて」「自然を求めて」「紅葉を求めて」「富士山を求めて」「自然とよが」(よがを求めて)「アルプスを求めて」「行場」ニコンD850使用

f0033831_20014751.jpg
f0033831_19565955.jpg
f0033831_20192256.jpg
f0033831_20193733.jpg
f0033831_20200291.jpg
f0033831_20202180.jpg
f0033831_20204066.jpg
f0033831_20205762.jpg
f0033831_20213502.jpg
f0033831_20221176.jpg
f0033831_20222930.jpg
f0033831_20224423.jpg
f0033831_20230126.jpg
f0033831_20232100.jpg
f0033831_20233730.jpg
f0033831_20235822.jpg

# by o-wxy | 2017-12-14 05:14 | (8)美・美人美人・美と美と美と美と美 | Comments(0)

”美” キャンピングカーで肉三昧 1/2 +「美人美人」「美人を求めて」「美を求めて」「自然を求めて」「アルプスを求めて」「自然の美と美」


美・「美を求めて」「美人を求めて」「屋久島を求めて」「行場を求めて」「自然を求めて」「紅葉を求めて」「富士山を求めて」「自然とよが」(よがを求めて)「アルプスを求めて」「行場」ニコンD850 使用
f0033831_20130605.jpg
f0033831_20132420.jpg
f0033831_20134101.jpg
f0033831_20140267.jpg
f0033831_20145672.jpg
f0033831_20150925.jpg

f0033831_20155300.jpg

f0033831_20162183.jpg

f0033831_20164169.jpg

f0033831_20165912.jpg

f0033831_20172144.jpg

f0033831_20173791.jpg
三千院
f0033831_20175231.jpg

f0033831_20181364.jpg

f0033831_20183119.jpg

f0033831_20184768.jpg

f0033831_20190612.jpg

f0033831_20192297.jpg

f0033831_20194326.jpg

f0033831_20200036.jpg


f0033831_20204395.jpg

f0033831_20210179.jpg

f0033831_20212333.jpg

f0033831_20214180.jpg

f0033831_05421088.jpg
f0033831_05401267.jpg
f0033831_05402901.jpg

f0033831_05315923.gif
f0033831_05323731.jpg
玉泉院
f0033831_05325966.jpg
f0033831_05332214.jpg
f0033831_05334778.jpg
f0033831_05341229.jpg
f0033831_05343285.jpg
f0033831_05350735.jpg

# by o-wxy | 2017-12-11 05:11 | (8)美・美人美人・美と美と美と美と美 | Comments(0)

”美” 一人 「美人美人」「美人を求めて」「美を求めて」「自然を求めて」「アルプスを求めて」「自然の美と美」

美・「美を求めて」「美人を求めて」「屋久島を求めて」「行場を求めて」「自然を求めて」「紅葉を求めて」「富士山を求めて」「自然とよが」(よがを求めて)「アルプスを求めて」「行場」canon 1DXMarKⅡ使用

f0033831_07262445.jpg
f0033831_07264934.jpg
f0033831_07270951.jpg
f0033831_07273663.jpg
f0033831_07275447.jpg

# by o-wxy | 2017-12-07 07:29 | (8)美・美人美人・美と美と美と美と美 | Comments(0)

”美” ・・・を求めて「美人美人」「美人を求めて」「美を求めて」「自然を求めて」「アルプスを求めて」「自然の美と美」

美・「美を求めて」「美人を求めて」「屋久島を求めて」「行場を求めて」「自然を求めて」「紅葉を求めて」「富士山を求めて」「自然とよが」(よがを求めて)「アルプスを求めて」「行場」canon 1DXMarKⅡ使用

f0033831_08034027.jpg
f0033831_08040472.jpg
f0033831_08042609.jpg
f0033831_08052065.jpg
f0033831_08054272.jpg
f0033831_08060657.jpg
f0033831_18302210.jpg
f0033831_08064991.jpg
f0033831_08062367.jpg
f0033831_08083454.jpg
f0033831_20340020.jpg
f0033831_06540056.jpg
f0033831_06052434.jpg
f0033831_06012424.jpg


# by o-wxy | 2017-12-03 08:10 | (8)美・美人美人・美と美と美と美と美 | Comments(0)

野山の散策


by o-wxy
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31